FC2ブログ

是非とも復活を!

教育勅語を読み直そう 4月11日
[産経抄]

 平成13年のNHK大河ドラマ『北条時宗』は、小欄にかっこうのネタを提供してくれた。なにしろ蒙古襲来を前にして、鎌倉幕府執権の時宗が、「この首をフビライに差し上げてもよい。それで日本が救われるのなら」などと、泣き言を吐くのだから。

 ▼それほどではないにしろ、昨年の『八重の桜』にも、違和感を覚える場面があった。新島襄亡き後、同志社の臨時総長となった山本覚馬が、明治23(1890)年に発布された教育勅語についてこんなつぶやきをもらす。

 ▼「教育勅語か。教育の名の下に、人を縛るようなことがあってはなんねぇ」。いかにも、戦後の進歩派文化人が口にしそうなセリフである。「ならぬことはならぬものです」。覚馬が学んだ会津藩の藩校には、この言葉で結ばれる厳しい掟(おきて)があったはずだ。

 ▼勅語が昭和23年に国会決議によって排除されて以来、徳育の欠如した戦後教育が、子供たちの心をむしばみ続けてきた。覚馬が知ったら、嘆きの深さはいかほどか。といった観点から、NHKは歴史を見ないものらしい。確かに教育勅語は、「軍国主義教育の象徴」の烙印(らくいん)を押され、内容の吟味もされないまま遠ざけられてきた。

▼その原本の所在が、半世紀ぶりに確認されたという。歴史的な資料として、修復のうえ公開される見通しだ。全文が多くの人の目に触れる絶好の機会である。下村博文文科相の言うとおり、「至極まっとうなことが書かれている」ことに、驚きの声が上がるかもしれない。

 ▼そもそも勅語が生まれた背景には、欧米文化の流入によって引き起こされた、明治時代前期の道徳の混乱があった。グローバル社会を生きる現在の日本人があらたな国民道徳を打ち立てる、きっかけになればいい。

産経新聞のコラム・産経抄でございます。産経ニュースよりの引用でございます。教育勅語原本
*お写真は産経新聞より拝借いたしました。

是非とも、我国の歴史や伝統に照らした教育勅語の復活をさせなくてはなりません。サヨクの反日思想の排除とともに、大和を我等大和民族の手に取り戻すために、戦いを決意しなくてはならないのでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

この時期に「教育勅語」原本が発見されたというのは何かこう、象徴的な感じがいたしますね。
この素晴らしき教育勅語を『軍国主義』だなんだといい募るサヨクこそ教育を捻じ曲げた張本人です。
教育勅語を読んだことがありましたが、人が人として生きる上での大事なことが書かれており、一つ一つ素直に心に染みるものでございます。
こうした素晴らしき勅語をGHQのいいなりに捨て去りその後も復活させなかった罪は大きいと思うのです。
そのつけが、今の日本の社会です。

教育勅語復活を切に願うものです。

見張り員さま

ドイツは先の大戦に敗れ、連合国、特にアメリカから歴史教育について注文を付けられたようでございますが、その際に「たかだか建国200年ほどの国が、長い歴史を持つ我が国の教育に口を出すな」とばかりに対抗したというお話を耳にしたことがございます。

また、この教育勅語を翻訳したものを公共施設に掲げて国家を復活させたというようなこともお聞きいたしました。

世界が是と認めるものを、悪しきものと捨てさせた連中の企みこそサヨクの本懐でございましょう。腐りきった狂育界などに、この素晴らしい教育勅語を触らせることは神さまへの冒涜に等しいものでございましょう。

是非、民間において、その理念を普及させなければなりません。大和の一般人のみなさまは、まだまだ真理をご理解されておられる方々であふれています。道徳教育を敷衍する私塾の普及を望むものでございます。

サヨクのご都合主義にまさる、”軍国主義”の宝でございます。

最近の若者は違いますよ!

こんばんは、お疲れ様です!!
「教育勅語」は素晴らしい日本の精神をまとめたものだと思います。
ネットで色々なサイトを見ていると、この教育勅語を見直す動きが若者の間で、見受けられます。竹田恒泰先生の活躍も大きいかと思いますが、ネットの普及によって真実がドンドンあふれてきており、間違ったことが明るみにされてくるたびに、若いネットユーザーたちが、国とは何か、政治とは何か、歴史とは何か、教育とは何か、報道とは何かなど正しい事に目覚め始めているように感じます!
実にすばらしいことだと思っております。台湾での学生たちによる立法院占拠事件を毎日生放送で拝見しておりましたが、そこでは様々な年代の日本人が日本のことを考え、意見を述べておりました。
ようやく夜明けがやって来る兆しが見えてきたように思います。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック