FC2ブログ

本日は晴天なり

大阪の松原は、気温は低うございますが、晴天でございます。
吉水神社
明日は、成人の日でございますね。この良いお天気があすも続きますようお祈りいたします。

さて、社長さまは未だ映画「永遠の0」をご覧になってはおられません。なかなかお時間がお取りになれないようでございます。本日は、その映画をご覧になられた若い女性からのご感想をこちらに掲載いたしたく存じます。

以下、引用でございます。

この映画は、私の心に深く突き刺さりました。戦後世代の自分の不甲斐ない生き方を反省しています。

実際に戦争を戦いぬいた人たちの孫の世代として生まれられて良かったったと思います。それは、直接にお話を聞けたからだけではなく、その方々を誇りに思うからです。

想像もつかない程の苦しい時代を生きた人達の大半は、そんな記憶は心の奥深くにしまい込んで、今は何もなかったかのように生きておられます。

命を守る決断、命を奪う決断、国を想う心、家族や友達を想う心、強い意志 、忍耐力

生き残った人も 亡くなった人も、本当に強いと思うのです。

そんな人達の孫として生まれて誇りに思いますし、そんな姿を見られた事に感謝をしています。

総理や閣僚が靖国神社に参拝することに逐次干渉してくる中国や韓国に、話し合いをして平和的に解決しろというようなことを言う人たち、特に団塊の世代に多いようですが、あの映画を観てもなお、そのようなことを言える人は日本人として失格だと思います。

命を顧みず、国や家族を守ることを命題として散華された方々に顔向けできないような発言は慎むべきです。話し合いで平和が訪れるなど、この平和ボケした「日本」という安穏とした場にいるから、それはまるで他人事のように言える発言なのです。いえ、むしろ無責任発言であると思います。

今この瞬間にも、世界のどこかで紛争は続き、数多くの命が奪われていることは事実です。しかし、その戦いは、国の誇りや民族の名誉をかけての戦いであることも事実なのです。

その事実から目を背け、ただただ平和憲法死守と声を上げていることは、世界の現実から逃避しているにすぎません。実際に核の傘に守られながら、反核だの脱原発だのと、単なる思想戦のしかけに他ならないことに乗りかかろうとする老人たちには、「もう黙っていて!」と言いたいのです。

この映画を機に、私を含め多くの若者が本当の平和について考え出し、語り合うことになるでしょう。我国が真の独立に向けて目を覚ますことを期待しています。

最後に、靖国神社にお眠りの英霊に心からの哀悼をささげたいと思います。

「みなさまがお命をかけて守ろうとしてくださった日本は、残念ながらこのような現状に甘んじています。けれども、私たち若い世代が必ず、みなさまから頂いたお命を無駄にすることなく、この日本を再生することをお誓い申し上げます。どうぞ、その大いなるお力で私たちを見守っていただきますように。心やすらかにお過ごしください。」
 


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

私もなかなか時間が鳴く「永遠の0」をまだ見ておりません。原作は読みましたが、でも映像でも見たいですね。

今日私は靖国神社に参拝してまいりました。
遊就館を拝観し、若き英霊たちのお写真やご遺書を拝見拝読しておりますと当時の若い人の知的レベルの高さは今の比ではないということを今更ながら思い知らされます。
更に家族を思う心の深さ、国を愛し憂うる心の深さにも改めて感動したものです。
現状のこの体たらくな(としか言いようがない)日本を英霊方に申し訳なく思う昨今です。
これからの日本人は自虐史観にまみれた歴史を見直すことから真の日本を取り戻さねばならない、そう思うのです。

見張り員さま

熱いメッセージを賜り、わたくしめも勇気が湧いてまいります。ありがとうございます。

こちらに掲載いたしました文章は、どこかの団体に属しているという方のものではなく、ごく普通の会社員の女性の手になるものでございます。

確かに、特攻隊員として出撃なさる前にしたためられましたお手紙の文面などを拝見いたしておりますと、見張り員さまの仰る通り、知性や恩情が溢れ出してございますね。

サヨク連中は、無理矢理書かされたものであるなどと揶揄いたしますが、当時の若者の知的レベルの高さは否めない事実であろうと思うものでございます。修身を習い、教育勅語を拳拳服膺しておりますれば、自ずと教育レベルが上がることは当然の帰結でございますね。

戦後の”生きる権利”ばかりを教え込む「狂育」では、成り立たなくなっていることに気づかずに、サヨク史観に基づく押し付けをしようといたしましても、受け手側の子どもたちにある情報には、到底追いついていかないということでございますね。

しかしながら、学校での自虐史観は一刻も早く捨て去らせなければなりません。「永遠の0」が、その活動の良き起爆剤となることを、わたくしめは確信いたしております。

観て来ました

 昨日 「永遠の0」観て来ました。
涙が乾く暇もありませんでした。
マスコミは この映画が興行収入第一位を記録することを
公表しないと思います。

 明日、人を連れて再度観に行く予定です。

さすらいの整備士さま

お寒うございますが、お風邪などおめしではございませんでしょうか?いつもメッセージをありがとうございます。

さようでございますか、涙が止まらないということでございますね。原作者の百田さまも以前「八回みて八回とも泣きました」と仰っておられましたね。

社長さまは、人前で涙をお見せになることを嫌われておられますゆえ、ご覧にならない理由には、そのこともあるのではないかと感じております。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック