FC2ブログ

この怨み、はらすべし!

「留学生の父」ら殺害主犯格、中国支那が身柄拘束
 
 大阪府、大分県で2001~02年、アルバイト女性と建設会社会長が相次いで殺害された事件で、事件後に中国支那に逃亡し、強盗殺人容疑などで国際手配された主犯格の中国支那人元留学生の男について、中国支那側から「身柄を拘束した」と日本政府に連絡が入ったことが、捜査関係者への取材でわかった。

 日支間には犯罪人引き渡し条約が結ばれていないため、身柄が移送される可能性は低く、警察当局は、中国支那の国内法で司法手続きを行う代理処罰を求める方針。

 捜査関係者によると、拘束されたとみられるのは、遼寧省出身で最初の事件直前まで大分県内の私立大に在籍した朴哲容疑者(33)。大学を退学した7日後の01年12月26日、中国支那人元留学生と共謀し、大阪市北区のホテルで女性(当時35歳)からキャッシュカード2枚を奪った後、刃物で刺して殺害した疑い。

 02年1月18日には、女性殺害事件の共犯を含む元留学生ら4人と共謀し、大分県山香町(やまがまち)(現・杵築(きつき)市)の建設会社会長・吉野諭さん(当時73歳)方に押し入って吉野さんを刺殺、吉野さんの妻にも重傷を負わせたなどの疑いがある。吉野さんは、地元の中国支那人留学生の身元保証人になるなどの支援活動を続け、「留学生の父」と慕われていた。

読売新聞ニュースよりの引用でございます。

みなさま、これが支那人の気質を如実にあらあわす事件でございますよ。金銭のためなら他人さまのお命をなんとも思わない、お世話になった方にも平気で泥をかけるようなことをやってのける、まったく困った身勝手な民族性なのでございますね。

我国に召喚し、即刻極刑に処すべきものでございますが、支那は”反日無罪”のアホウ国家でございますゆえ、どうなりますことやら・・・。

断固として、被害者さまの無念をはらさなくてはなりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック