FC2ブログ

一刻も早く

横田めぐみさん 49歳の誕生日 両親が救出訴え2013.10.5 21:30

拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=が5日、49歳の誕生日を迎えた。めぐみさんの両親はこの日、川崎市中原区で開かれた集会に出席。めぐみさんら被害者の早期救出を訴えた。

 集会には約250人が集まった。母の早紀江さん(77)は「40歳までに連れ戻したいと思っていたが、なかなか進まないのが現状です。どうか、お力を貸してください」と声を詰まらせながら呼びかけた。

 めぐみさんが北朝鮮に連れ去られた昭和52年11月から現在までの状況を説明した父の滋さん(80)は「何百人もいる特定失踪者を救うためにも、国民の皆さまのご支援が必要です」と拉致問題の全面解決に向けた協力を求めた

産経ニュースよりの引用でございます。

先ほども、読売テレビ放映にて日本共産党議員連中のお話をお聴きいたしておりましたが、北鮮によります拉致事件が解決にいたりません大きな原因が、あの党のような存在をはじめとする日本左傾化が主たるものであると、わたくしめは確信いたしております。

殴られても殴られっぱなしでよい、話せはわかる、外交力をつけろだの、挙句の果てには、憲法の前文が素晴らしい理想だとか、アホウも休み休み、いや、アホどもは寝ておれと申し上げたい。

社長さまもこの問題に長く関わっておられますが、殊に先の民主党政権には、被害者のご家族さまは弄ばれた感が否めないらしいのでございます。所詮、同じサヨクムジナの穴に済むトンデモナイ連中でございました。

安倍政権の下、今度こそ官僚などに任せることなく、政治主導にて解決にご尽力いただきとうございますね。国民の生命・安全を守る、当然のことが出来なければならない、それが当たり前に出来る国家であれば、そのためならば、消費税が10%に上がろうと、誰も異論はないことでございましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

外交力は軍事力があってこそのものです。
残念ながら それが古今東西世界の常識です。

さすらいの整備士さま

的を射たメッセージを賜り、ありがとうございます。

サヨクは、砲艦外交が時代遅れという捉え方をするようでございますが、それが無いのであれば、ミッションインポシブルのような内偵外交を出来るだけの能力を備える必要がございましょうね。

世界の常識が日本の非常識、いや、日本政治の非常識ということなのでございましょう。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック