FC2ブログ

生徒会論理

原発輸出「死の商人」 共産、社民が首相を批判

 共産党の市田忠義書記局長と社民党の福島瑞穂党首は17日、国会内でそれぞれ記者会見し、原発輸出に向けトップセールスを展開している安倍晋三首相を「死の商人」と批判した。

 市田氏は「世界最高水準の安全基準をつくるから大丈夫だと言っても、誰も信用しない。死の商人と言われても仕方がない」と指摘。福島氏も「(原発事故で)十数万人も避難者がいるのに安全と言えるのか。死の商人として世界を歩くセールスマンではないか」と非難した。

産経ニュースよりの引用でございます。

この二つの党は、元来、わが大和民族を滅ぼさんと目論む党でございまして、極東情勢波乱含みの現下におきましては、多くの賢い大和の人々はこういった連中のお話に耳を傾けることもございませんが、人は、議論におきまして理論的に破綻あるいは行き詰まりになりますと、このような罵りを出してまいります。こちらは、その”良い例”として最適でございますゆえ、わたくしめはあえて掲載いたした次第でございます。

わたくしめのブログをご覧の学生さま方には、ゆめゆめ、このようなアホウな議論の進め方をなさらないようにとの意味を込めてもございます。この体たらくでございますゆえ、地方でも票を伸ばすことが出来ないのでございますよ。


近畿南部の国立大学にて、教員になりたい学生たちを指導する立場にある反・原発教授でございますが、自らのブログにて、教育予算を増やさず国土強化にはお金を投資することなどにつきまして、安倍政権の教育改革をアホウ呼ばわりしているヤカラもおりますが、予算がなければ”頭の良い先生方”が沢山いらっしゃるのでございましょうから、そのみなさまの肩の上に乗ってございます小玉スイカのような丸いモノを十二分にご利用なさればよいのではございませんでしょうかねえ。このようなヤカラ達をサポートしているのも、反日政党でございます。

いずれにいたしましても、野犬の遠吠えでございますが、我が国のエネルギー政策や、民主党政権下にて愚策を重ねた教育の改善についてのイチャモンは、鬱陶しいものでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック