FC2ブログ

教科書より優しい日本史

先日の日本史のお勉強にまつわるお話の続きになろうかと存じますが、こちらは旺文社より出されてございます参考書でございます。
             日本史
表紙も大変きれいでございますね。こちらもカリスマ講師、石川晶康さまのご本でございます。
中身は単元ごとに区切られてございまして、先日に紹介申し上げました二冊とは少し違った切り口のご本でございいます。まさにお時間のない受験生にはうってつけのボリュームでございますね。

ただしでございますが・・・、
             日本史
こちらのご本にも、「日本の無条件降伏」という記載がございます。

先のご本のみならず、こちらのご本にも同じ記述があるということは、一定の偏った歴史観をお持ちであるように感じられてならないのでございます。間違いは間違いと確り認識しておかなければなりません。

極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判でございますが、こちらにおきましても日本側弁護士でございました清瀬一郎さまが「ポツダム宣言は”日本軍”の無条件な武装解除を求めておるのであり、”日本国”の無条件降伏を求めるものではない」旨の反論をされてございますし、現在では高校教科書にも”日本軍の無条件降伏”とまで記載されてございますゆえ、わたくしめは訂正させていただきたく存じます。

世間でカリスマと言われておられる方々が、本当の意味でわが国のためになることをご教授いただけるとありがたいのでございますが、学習指導要領の縛りを受けておられないということでは、自由にご指導されておられるのでございましょうね。

社長さまはよく「大学の教育学部とかにはな、もっと酷いこと教える連中がおってな、そらもう教壇で言いたいこと言うとるわ」と仰いますが、本当なのでございましょうか?

本当ならば、由々しき事態でございますね。
   わにまろバック
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

いくら学習指導要領で「誇りある教育」をうたったところで、近隣諸国条項という名の悪しき慣習が無くならない限りはこういう偏向は消えないんですよね。

まして受験対策では「日本悪玉史観」にしないと点数をもらえない(なぜなら採点するのはそれを押し付けている教授たちですから)ということで、カリスマと言えどもそう書かざるを得ない、という一面があるんです。

もっとも、いくらカリスマと崇め奉っているところで、今回の表現がすべてを台無しにしていることは間違いないですね。

だからこそ私のような「在野出身」の教師が必要となるのでしょうけれども…。

ブログの出版への道は資金面から何から遥かに遠い話ですが、いずれは何とかしたいですね。それが私の夢の一つでもあります。

さようでございますか・・・

やはり、社長さまの仰る通り、元凶は大学自体にあるのでございますね。

大学は”自治”のなんのと五月蠅いところであるとお聞きいたしておりますが、教育改革は大学にも及ぼさなくてはなりませんね。

資金面は、黒田さまのようなご教授をなさっておられる方ならば、必ずやご支援くださる人たちもいらっしゃると存じます。

わたくしめ、早速、社長さまにもご相談申し上げたいと存じます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック