FC2ブログ

喫茶店

社長さまは、大変にコーヒーがお好きでございます。一日、4、5杯はお飲みになられているようでございます。堺ににて、会社勤めをされておられました折にも、ご商談やご休憩、そして作戦会議と称しましたご同僚さま方とのご交流の場としても、度々、喫茶店をご利用になられていたとのことでございます。

最近はお忙しいために、ごゆっくりと喫茶店に居られるようなお時間はないようでございますが、お休みの日には、お若い頃からお世話になっておられます堺の”向丘3丁目”という喫茶店に足をお運びになられるようでございます。
    向丘3丁目   向丘3丁目2
堺の上野芝と申しますと、それは高級住宅地でございます。その3丁目と申しますと、とりわけハイソ(死語でございますが)な雰囲気の場所でございます。そちらにございますお店では、社長さまもご本をお持込になられて、静かなお時間をお過ごしになられるのでございます。

マスターのお話では、社長さまがお若い頃のように、最近の若い方々は喫茶店というところに行くことが少ないということでございます。行き着けという観念が無いようでございます。コーヒー一杯に¥400を払うことがもったいないということなのでございましょう。一杯¥100や飲み放題が流行る中、閉店なさるお店も多いようでございますね。

行き着けのお店というものを持つということ、それは、自らの人生の歴史を作るということになるのでございます。そのお店に行き、気心しれた会話を楽しみ、あるいは往時を思い出しながら、今の自分に向き合う、そういう場になるのでございます。

心休まる喫茶店は、まさにそのような場となるに相応しいところでございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

パパ店長です

社長様の心癒される空間、なのでしょうか。
行き着けのお店、これはどんなに小さなお店であろうとなくてはならない場所ですね。
コーヒーの味と香りを楽しめてお店のマスターや仲間とのおしゃべりを堪能できる事、最高です。

パパ店長さま

いつもメッセージを賜り、誠にありがとうございます。

わたくしめもそちらに伺ってはいるのでございますが、いつも手ぶらでの訪問で申し訳ございません。

わたくしめもお連れ頂いたことがございますこちらの喫茶店は、実に落ち着いた雰囲気でございまして、マスターも奥様も大変素敵なお方でございますよ。

社長さまは「重みある高級なものに触れろ」とわたくしめに教えてくださるのでございますが、まさにこのお店は、そういうところでございます。

お写真をご覧いただけますれば、どのようなところかはお解りいただけると確信いたしております。

概ね大雑把な社長さまではございますが、ここというところは、かなり繊細でございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック