FC2ブログ

千里の馬は常に有れども伯楽は常に有らず

”伯楽”とは、春秋時代に居られたとされます馬を鑑定する名人の名前でございます。馬の目利きに長けておられた方でございますね。一日に千里を走る馬は、いつの世にもいるけれども、問題はその馬を見つけることが出来るかどうかということでございますね。良馬を見分ける達人が必要でございますね。

そこから転じて、埋もれた有能な人材を見つける眼力を持つ指導者は、そうそう出ては来ないということをたとえていうものでございます。

今の世で申しますれば、選挙にて立派な方々を選ぶことのできる選挙民、つまり、優秀な国民はそうそういないということになるのでございましょうか・・・。もう二度と、民主党をはじめといたしますサヨク政党には、決して政権を渡してはなりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック