FC2ブログ

二輪にも

新聞配達にお使いのホンダ・カブ(AA04)の、エンジンが吹き上がらないというトラブルでございます。試運転では、スピードがのりかけたところで息つくようにスピードダウンしてしまうという症状でございます。
カブ
今や50ccのバイクと言えども、当然に電子制御されておりますゆえ、対応機器を持ち合わせていないため、こういった場合には、二輪をご専門に取り扱っておられるお店に助けていただくことにいたしております。

診断機による点検では故障コードは入力されておらず、いつもお手伝いいただく「バイクハウスGO-YA」さまにアドバイスいただき、どうやらアサダメソッドが有効とのことでございまして、早速に処置いたしたものでございます。
点火波形
おかげさまで頗る好調になり、それまでがウソのような走りに変化いたしました。アサダメソッドにイグニッションアナライザー、いずれも二輪車のトラブルにも有効であるということでございますね。
スポンサーサイト



読みやすいけど

米国の混乱しかり、文化の違いが、思いもよらぬ悲劇を引き起こさないとも限らないご時勢でございます。殊に、島国といわれる我が国にとりましては、独自の文化を育んできた悠久の歴史がございますゆえ、他国から誤解を受けることもございます。
英語
社長さまが、古本でご購入されたものでございますが、比較的簡単な英語で記されておりますゆえ、読みやすいとのことでございます。英語の勉強には役立つかもとも仰っておられるのでございます。また、グローバルだの何のと騒がしい時代に、一応、エチケットとして知っておくと良いことも書かれているとのことでございます。

しかしながら、表紙に書かれている”国際交流やビジネスで日本を再生するヒント”とは、あまりに大げさで噴飯物とのことでもございます。そもそも、我が国を訪れるのならば我が国の風習を学ぶべきは訪日外国人であって、何が嬉しくてやってきた連中の慣習に合わせてやる必要があるのか、とお怒りでございます。その上、英語に訳してはいても、著者は日本人でございますゆえ、あくまでも一個人の考えにすぎないからとのことでございます。

大和民族の鑑として、遠慮なく堂々と、外国人に対峙すればよいということでございますね。真の交流は、英語力ではなく、胆力にかかっているのかも知れません。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック