FC2ブログ

あれからもう一ヶ月

先月の長崎での講習会から、早くも一ヶ月の時が経とうとしています。何かと色々なことがあり、あっという間に過ぎた気がしています。宿泊したビジネスホテルから見た夕陽が、今も胸に焼き付いています
大村港
本当に楽しいセミナーでした。日高さんにtry1616さんも、同じように思っていただいているとのお話を聞かせていただきました。他の方々も、そう思っていただいていることを望んでいます。

今日、いつもご入庫いただいているお客さんが、給油に行ったGSでたまたま車検整備の見積もりをしたところ、アサダ自動車ではせいぜい10万ほどで済んでいるのに、15万から20万はかかると言われたとのことで電話がありました。

エンジン音も高く、エンジン回転計が上がったり下がったりし、これはコンピュータに異常がある、その上に、タイミングベルトの交換も必要とのことで、そういう見積もりが出たようです。心配になったお客さんが、一度診て欲しいとのことで来店されました。

まず、エンジン音が高いというものですが、電動ファンが回った際の作動音で、「この音は、せえへんかったら壊れてるから、これで正常」ということで終了。次に、タコメータ(エンジン回転数計)が上がったり下がったりするのは、エアコンをONしたことにより、ISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)が働いてアイドルアップされているので、これも問題なく正常。

タイミングベルトは、現在までの積算走行とこれからの二年間の走行距離を考慮しても、まだ交換するには至らないもので、予防整備としては悪いことではないけれども、GS店員が脅すような”至急しなければならない”というほどでもなく、結局は、宇宙車賃貸をすすめる手立てのために、高額な車検見積もりを出したとしか考えられず、もし本当に、この症状でECU(エンジンコントロールユニット:コンピュータ)がアカンというならば、このGS、人の心を満タンにする前に、診断技術以前の自動車の制御をもっともっと勉強するべきです。

このような、騙しか詐欺かと思えるような自動車販売が横行しては、業界に悪影響を及ぼします。悪い業者を排除するためにも、メカトロクラブ加入店のようなちゃんとした整備事業者が、適正な診断技術の標準化をはかり、ユーザーに安心してもらえる整備工場として存在できるようにしなければなりません。

売らんがための詐欺行為は謹んでもらいたいものです。まあ、知り合いの業者にも、これとかわらんヤツがおりますが。

株式会社アサダ自動車商会
  代表取締役 浅田 純一
スポンサーサイト



管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック