FC2ブログ

そもそもに戻り

コロナ禍のため、みなさんお家でじっとされておられるのでしょうか?アサダ自動車は2日から5連休に入りましたが、昨日、今日と事故や故障でSOSが入りましたので、私はで外出しておりました。決して、政府の要請に逆らってはおりませんよ、仕事ですから。

さて、ポンコツ整備士さんからのお問い合わせですが、オシロスコープ(SK-2500)の説明書39ページには、電流クランプをオルタネータのB端子にクランプと書いてありますが、エンジンによってはこの大きなクランプを挟むには苦労しますから、バッテリのアース端子をクランプすれば大丈夫です。後は、説明書通りにすれば波形を取り込むことが出来ます。
オシロスコープ
ただ、説明書39ページのCH1は、バッテリの電圧を表示させた絵が載せられていますから、当該故障気筒の判別にはCH1に点火信号なり、燃料噴射信号なりを取り込んでやる必要があります。試してみてくださいね。

さて、そもそも相関コンプレッション波形を診ることの意味ですが、故障診断の無駄な時間を省けることを前に書いていますが、その他に、面倒くさいので故障診断でコンプレッションを測らない所もあることは事実でして、それにはスパークプラグを取り外すのにも一苦労するので、其処とは違うやろう・・・という願望を込めて、あえて測らないということも多いのではないでしょうか。その面倒くささによる躊躇を払拭してくれるのが、この波形を診る大きな意味と言えるでしょう。

須藤さんに無理を言って、資料を送っていただきました。いつもありがとうございます。
スタータとバッテリ
上の波形は、スターターM端子の電圧・とバッテリの放電電流・を現しています。注目すべきは、エンジンが始動し出す500ms以前では、どちらも山谷の波形になっているということです。何故そうなるのか?というと、エンジンのピストン変動を反映しているからですね。アイドリング回転数よりもはるかに低いクランキング回転数は、ピストンによる圧縮工程の影響を受けやすく、エンジンを回すことに、より大きな電流が必要となり、結果として変動が電流波形に現れているということです。

上の波形ではエンジンが始動したことで、始動後には放出電流が充電電流に変わりますから、クランキング時に比べて非常に小さな値になっています。相関コンプレッション波形は、この始動後をなくし、つまりエンジンがかからない状態を数秒間続けることで、コンプレッションの良否を判定しようというものです。
異常波形
走行中にエンストし、再始動不能という故障で持ちこまれたスズキ・keiの相関コンプレッション波形です。二つの気筒に問題がありますね。大阪では「エンジンあきまへんでぇ。乗り換えでんなぁ」と言う場面です。

*念のためにコンプレッションを計測すると、第一気筒は正常値でしたが、第二、第三気筒は6kgf/c㎡しかなかったとのことです*

ここから話が早いのは、これを直すのか?乗り換えるのか?という選択肢をユーザーに直ぐに伝えることができるという点ですね。このエンジンの場合、たまたまコンプレッションの計測が楽なものでしたが、サージタンクからスロットルボディ、ホース類に至るまで、あれやこれやと取り外すことが必要なエンジンのことを考えると、どれほど助かることか、想像すればわかりますね。

この自動車は、エンジンを直すでもなく、乗り換えるでもなく、中古エンジン載せ換えというものでした(あぁ、その選択肢、ステキな選タクシー:オッサン・・・何言うとんねん)。

整備後の波形が下です。きれいに揃っていますね。教科書に出て来そうな相関コンプレッション波形です。
正常波形
このように、エンジントラブルに関しての診断に大変便利な機能ですから、もっともっと広がってくれることを望んでいます。そのためには、カイセのオシロスコープ・SK-2500やuScopeを手元に用意することから始めていただきたいと思います。

authorized by 浅田 純一
スポンサーサイト



相関コンプレッション実例

以下の写真は全て、福島県の佐藤さんから送付いただいたものを使用・掲載しています。
相関コンプレッション
佐藤さんがお乗りのカローラで、勉強のために取り込まれた相関コンプレッション波形(と呼ぶことにしましょう)ですが、車種の違いはあれ、先月28日に私が取り込んだものと凡そ同じですね。見るからにきれいです。

そして佐藤さんもミラクルと書かれていますが、翌29日の夕方にダイハツ・タント(L375S)のエンジン不調で入庫されたものの波形も送ってくださいました。
異常波形
私が意図的な故障波形を掲載した同28日のものと見比べていただいても、赤丸部分の落ち込みが同様であることが判ります。どの程度の圧縮不良なのか?それが下の写真です。
異常値
第三気筒だそうですが、1.5kgf/c㎡弱といったところでしょうか。これではエンジンが不調でも当然ですね。
コンプレッションゲージ
他の気筒は、上の写真のように相応の圧縮値が計測されたようです。

このエンジンは、圧縮の測定が困難なわけでもないので、相関コンプレッション波形を診ることなく作業にかかることは苦になりませんが、車種によれば意を決して測定を行う場合も多いことでしょう。苦労してせっかく診たのに、私の様に気弱で、頂くべき診断料の請求もできないでいる方も居られることでしょう。

まずは何よりも、相関コンプレッション波形を診れば、その先の作業をどのように進めていくのかをユーザーと相談しながら、無駄な時間を省くことができますね。uScopeやカイセのオシロスコープをお持ちの方は、是非とも活用なさって下さい。

authorized by 浅田 純一
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック