FC2ブログ

ここを見逃さないように

前回、点火波形について書いたのは5月13日でしたから、二ヶ月以上の時が経っていました。岩手での講習会の重圧に耐えかねていたのかも知れません(ウソです、サボっていただけです)。

さて、今回は福島の佐藤さんから送っていただいた波形をご覧いただきます。エンジン不調で入庫され、バルブクリアランス調整などを施した後も改善が見られないということで、掟破りのアサダメソッドにて燃焼室を洗浄された前後の波形です。
処理前
*燃焼室洗浄前*

要求電圧もさる事ながら、スパークラインは火炎核の形成にまつわる大切な要素でしたね。先に岩手でも話しましたが、一瞬の強い火を紙に当てても直ぐには着火しませんが、弱い火でもジワジワと紙を炙るようにすれば燃えますね。要求電圧とスパークラインの関係は、いわばそういったものと考えていただくと理解しやすいのではないでしょうか。

上の写真では、スパークラインに乱れがありますが、これが燃焼室の汚損の場合に現れやすい波形です。スパークラインの最後尾も角が立ち、燃焼が希薄であることを物語っています(物語るって大層な)。いつもイライラして余裕のない、私のような不細工な波形です。この波形だけを観ていては、どこがアカンのか?解りませんが、そういう意味で常に車種ごとの正常波形をストックしておくことが財産になるわけですね。

処理後
*燃焼室洗浄後*

スパークラインも長くなり、苛立ったような角も丸みを帯びるようになります。何よりもスパークラインがキレイです。メカトロクラブみちのく副会長の須藤さんのように美形になりました(チキショウ)。

このように点火波形を美しくする整備、まるで美容整形医師のように、私たちは真のカードクターで在らねばなりません(おぉ、カッコようしめたで)。

authorized by 浅田 純一
スポンサーサイト



新型出ても展示車あれへんがな

大泉洋
ダイハツのタントがフルモデルチェンジいたしましたことで、ノボリが付け替えられたのでございますが・・・。
ショウルーム
相変わらず、ショウルームにはぬいぐるみがお留守番でございます。

本日もハイゼットカーゴ新車のお話がございまして、概ねご注文の方向に決まったようでございますが、頑張って売っても売っても、展示車が運ばれてくることはないようでございます。

展示したければ、リースしてでも借りろということのようでございます。詰まるところ、自動車ディーラーも経費的に大変である証でございましょう。社長さまは「アホか、何でリースまでして売ったらなアカンのじゃ。売って欲しけりゃ持って来いちゅうねん」とご立腹でございます。

わたくしめは、なにもダイハツにこだわる必要などないと思うのでございますが。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック