FC2ブログ

新年度

一年の四分の一が終わり、明日より新年度の四月が始まるのでございます。
英会話
社長さまは、31年度も英語とフランス語のお勉強をお続けになられるご予定でございます。

六月までには保険募集人資格更新のための受験もございますし、新しい本のご執筆に自動車整備の講習会と、非常に盛りだくさんの日々が続いてまいります。まずは、健康にご留意いただかなくてはならないのでございます。明日よりも激務は続きますゆえ、本日のお休みにて、十分に鋭気をお養いになられたことでございましょう。
スポンサーサイト



まずは国語じゃ、役立たず官僚どもが

【主張】小学校の英語 過熱化で国語軽視招くな

 先生たちが慌てて英会話教室に通っても間に合わない。来年4月から小学校5、6年生で正式教科となる英語の教科書検定が初めて行われ、その内容が公表された。

 英単語600~700語程度が盛り込まれ、学ぶ会話もかなりハイレベルだ。これを十分教えられる小学校教員はどれだけいるだろうか。

 指導態勢など実際の授業への懸念は拭えない。英語に気を取られ、国語力の育成がおろそかになっては元も子もない。

 現在、英語に親しむ「外国語活動」の授業が週1コマある。新学習指導要領でそれを3、4年生に早め、5、6年生では教科として週2コマ行う。

 「聞く」「話す」を中心に英語に慣れ親しむことに加え、「書く」「読む」を含めた4技能をバランス良く学ぶねらいだ。教科書検定もこれを踏まえて行われ、7社が申請して合格した。

 教科書は日常場面を想定した会話を中心に、身の回りの単語をイラスト付きで紹介し、音声教材を活用するなど配慮がされている。一方で「What do you want to be?」と、何になりたいかを聞いて職業や夢を語る会話などもあり、かなり高度な内容も含まれる。

 外国語指導助手(ALT)らを活用するにしても、基本的に学級担任が指導にあたるから、教科化に不安を抱える教員も少なくないようだ。素人が素人を教えて英語は身につくだろうか。

 国際化の中で就職に有利などとして幼少のころから英会話教室などに通わせる親の「英語熱」は高く、学校教育への求めも多い。

 しかし早くから学べば英語ができるようになると考えるのは安易だ。英語を日々使う環境がなければ、すぐに忘れて身につかないことは専門家も指摘してきた。

 教科化で中学受験に英語を導入する私立が増えるなど、早期化が過熱する悪循環に陥れば、英語に親しんで好きになるという本来の趣旨も損なわれよう。

 確かに幼児期から小学校にかけては言語吸収力が高いとされる。だが国語の基礎が形成される大切な時期であることを忘れてはならない。国語力が思考を支え、理系を含め、あらゆる知的活動の基礎であることはこれまでも指摘してきた。小学校で重視すべきは英語より国語である

産経新聞の社説・主張の引用でございます。
祖国とは国語
小学生に英語を学ばせるなど愚の骨頂であって、”百害あって一利ほど”でございましょう。社長さまも常々仰いますが、言語はその民族育成の基礎であり、思考の重要な要素であって、無闇に英米の言語を取り入れて愚民化するなど、悪魔の左翼思想に塗れたキチガイの所業でございます。

当然、狭くなったと言われる世界での活躍のためには世界標準としての伝達英語力は必要ではございましょうが、話す内容は、大和の誇りに満ちる人格が滲み出るものでなくてはならないのでございます。それが出来てこその国際派なのでございます。ベラベラ流暢に英語を喋っても、その実が薄弱であれば、世界ではバカモノ扱いされるだけなのでございます。

アホウな文部科学省官僚どもは、東大の左翼思想に侵され、脳みそが腐っているとしか考えられないものでございます。グローバリズムなどという美辞麗句に踊らされることなく、我が大和民族の歴史と伝統を受け継ぎ、次代に継承するためにも、日本語教育の充実を果たさなくてはならないのでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック