FC2ブログ

こいつらやっぱり、民族として最低や

夕刊フジ夕刊フジⅡ夕刊フジⅢ
夕刊フジの引用でございます。

この民族は、どこまでも底なしのバカモノ揃いでございますね。我が国の高校生と比べて、雲泥の差でございます。

玄関先に排便し、それを餌に犬を釣り、その犬肉を食す民族の正体がこれでございます。そのような低能民族を、折角に併合までして助けてやろうとしたにも関わらず、やはり人間らしい生き方に馴染むことができなかったのでございましょう、畜生の性根はどこまでも抜けきれず、これが、この21世紀におけるこの民族の成れの果てでございます。

北も南も、半島に棲む人の形をした化け物のオンパレードでございますね。道徳や倫理の欠片もなく、我が国での犯罪の多くが在日韓鮮人によるものとの噂も、おそらく事実、いえ、真実でございましょう。

スポンサーサイト



金払うからいうて、神さんちゃうぞ

暴言、威嚇…客や患者からの「悪質クレーム」経験、7割

 タクシーやホテル、病院などで、客や患者から暴言や脅迫を含む「悪質クレーム(迷惑行為)」を受けた従業員らが74%に上っていることが11日、労働組合でつくるUAゼンセンの調査で分かった。そのうち約9割がストレスを感じながら業務をしている実態も判明。ゼンセンはこうした迷惑行為に関して必要な法整備を求めている。

 ゼンセンは昨夏にも流通・サービス業で調査し、約7割が悪質クレームを受けていることを明らかにした。今回は業種を広げて、今年2~5月、同様のアンケートを実施し、約3万人から回答を得た。

 調査によると、悪質クレームを受けたことがあると回答したのは、約2万2500人。最も多かった行為(複数回答)は「暴言」が約1万4000件。「威嚇や脅迫」(約1万2000件)、「何回も同じ内容を繰り返す」(約8500件)が続き、「土下座の強要」も約1200件あった。

 9割がストレスを感じている中で、精神疾患を発症した人が189人に上った。迷惑行為が発生している原因については、約27%が「顧客のモラルの低下」を挙げていた。

 ゼンセンは企業に雇用者を守ることを求めるとともに、政府には「消費者保護」だけでなく「消費者教育」を要請。総合サービス部門事務局長の古川大さんは「クレームには企業の今後の発展に資するものも数多くある。しかし、度を超えた犯罪的なクレームを何とか抑止、撲滅したい」と述べた。

産経ニュースよりの引用でございます。

幸いなことに、アサダ自動車のお客さまには上記のような度を超えるヤカラはいらっしゃいませんが、他社では色々とお話をお聞きしたこともございます。

拝金主義が下々にまで蔓延し、大切な我が国の道徳観が、支那人や韓鮮人のような、身勝手な自己中心主義におされてしまっていることの証左でもございましょう。

学校狂育での、権利ばかり教え込むアホウさが、長い年月を経て、大和の民を蝕んできている恐ろしさも忘れてはならないのでございます。道徳や倫理を教える私塾の復活を、心より望むものでございます。

管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック