FC2ブログ

先生の足音が轟く

明日から十二月、先生も走る”師走”でございます。十一月最終日も何かとご多用の中、社長さまは大学の授業がございます。一日中、走り回られるのでございましょう。
大泉緑地
忙しさに”心を亡くす”ことなく、一つ一つのお仕事に心を籠めることを忘れないようにしていただきたいものでございます。
スポンサーサイト



29・11・29(福いい福)

本日は平成29年11月29日、実に福福しい一日でございますね。良いことが溢れんばかりに起こりそうな予感でございます。
長谷寺
前向きに心躍らせておれば、必ずや神さまのご加護を頂戴できると確信いたしております。

朝から少しばかり愚図ついたお天気ではございますが、雲が去れば、そこには煌煌と太陽が大地に向かって光を放っているのでございます。決して請求書の来ない無償の天の恵みなのでございます。タダでいただける恵みには、心をこめて感謝の念を捧げなくてはならないのでございます。

天と通じるとは、森羅万象に対し敬意を表し、感謝の気持ちを忘れずに日々を必死に生き抜くことなのでございます。福は、福を求めるばかりではなく、他人さまの福を願う利他の心根がなくては、決して訪れるものではないのでございます。

全ての人々が、平和で幸福に過ごせることを祈念いたしております。 拝

気ぜわしい

十一月も残すところ三日間、いよいよ師走の足音が迫ってまいりました。
東の空
今朝の社長さまは、事務的なお仕事をなさいますために午前四時にご起床なさいました。誰の邪魔も入らない静かなお時間に、気持ちを集中することが出来るからとのことでございます。

わたくしめも東のお空に向かって深呼吸をいたしました。朝の光が周りを明るくする時間となり、また今日一日が始まるのでございます。

ずっと先に虹が見える

政府の発表はどこふく風?現下の経済状況は、自動車業界には厳しい事態が続いております。
虹
それでもずっと先には、薄っすらと虹が見えております。雨に濡れて悔しい思いをした後でも光が射して、鉛色の雲の中に七色の橋をかけてくれるのでございます。

今週は十一月最終、そして師走の始まる大切な週でございます。虹にむかって、気合を入れて走ってゆくのでございます。

今月も”おかげさま”

十一月も最終週を迎えております。当月もここまでありがたいことに、お仕事はもちろんのこと、四方山全般に揉め事も無く順調に推移いたしております。
まねき猫
今月は特に、思いも寄らないお仕事を度々に頂戴いたしておりまして、誠にありがたいことと心より感謝いたしております。裕福とは金銭的なことのみならず、まずは心の余裕がなくては成り立たない、しかしながら、その心に余裕を持つためには金銭的に余裕がなくてはならないという、二律背反とも申せるものでございます。

更にもっともっと良いことが起こり続き、もっともっと幸せの種を世間さまに運んでゆけますよう、アサダ自動車は社会の公器として、松原市ひいては大阪府内にも影響を与えることの出来る会社に成長しなくてはならないのでございます。

そのために今日も、社長さまはお休みをご返上されてお仕事に向かわれるのでございます。喜んで働く”喜働”の精神を少しでも多くの方々にご理解いただけますれば、労使の関係もスムーズに進んでまいりましょう。働きが喜びそのものであると思えるところにこそ、真の福が招かれるのでございます。

ああ、肩凝るわぁ

カラス
背伸びしたら、エエ気持っちやぁ。今日は寒いのちょっとマシやなあ。ああぁ、次はどこ行こかなぁ。

結局、何の問題も無かったいうことや

【産経抄】

朝日新聞は趣意書に安倍晋三記念小学校とあることを事実であるかのように記した 「報道は漫画よりも奇なり」 

 介護特区制度を利用して新サービスを展開しようとした事業者が、突然、マスコミの激しい攻撃にさらされる。ある新聞が、この業者は「総理の意向」により、優遇を受けたと報じたためだ。といっても現実の話ではない。藤栄道彦さんの漫画『コンシェルジュ インペリアル』(7巻)のエピソードである。

 ▼漫画は世相を映す。物語では、業者は風評被害で顧客を失い、内閣支持率は過去最低を記録する。最後は、業者を誘致した自治体の前首長が国会で証言し、不正などどこにもなかったことが判明するが、マスコミはそれをほとんど報道しない。

 ▼登場人物たちの会話が興味深い。「メディアも何が不正なのかわかっていない」「だから疑惑の当事者に証拠を出せと迫るおかしなことになっている」。以前ならマスコミは、自身は批判されることなく政治を風刺していられたが、現在では報道のあり方そのものが滑稽な風刺対象となった。

 ▼現実もお寒い。自民党の和田政宗参院議員は22日、学校法人「森友学園」が開校を目指した小学校の設置趣意書に「安倍晋三記念小学校」の記載などなかったことを、原資料を基に明らかにした。まなじりを決してこの件を追及していたマスコミや野党は、どう始末をつける気だろうか。

 ▼朝日新聞は5月9日付朝刊の1面記事で、趣意書に安倍晋三記念小学校とあることを事実であるかのように記した。安倍首相夫人の昭恵さんの写真付きで、「財務省側が14年(平成26年)時点で国有地の取引を昭恵氏関連の案件と認識していた可能性も出てきた」と結びつけもした。

 ▼英国の詩人、バイロンは「事実は小説よりも奇なり」と語った。現状のままでは、「報道は漫画よりも奇なり」と言われそうである。

産経新聞の人気コラム・産経抄の引用でございます。

他人さまにむかって責任!責任!と声高に叫ぶマスゴミのトップ朝日は、まさにゴミの極みでございます。これは、支那や韓の手法そのものでございます。他国に与することばかり取り上げ、我が国を泥沼に引き込まんとする勢力がマスゴミ各社を仕切っているということが、如実に現れた非常に解りやすい例でございます。

要するに、アホウ官僚と結託し”空気”を作った、そう、かつて、大東亜戦争に突入させた戦前の朝日新聞が、その向きを変えてマインドコントロールを続けてきた証左でございます。

やっぱり捏造やんけ!


「安倍晋三記念小学校」は朝日新聞が「煽った」 麻生太郎氏、森友問題で指摘

 麻生太郎財務相は24日の閣議後の記者会見で、学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指した小学校の「設置趣意書」に、朝日新聞などが可能性を指摘していた「安倍晋三記念小学校」の記載がなかったことについて、「朝日新聞は書いてあるとあおった」と指摘した。

 財務省から資料を入手した自民党の和田政宗参院議員が22日に公開した趣意書は、「開成小学校」との記載で、首相名はなかった。麻生氏は、「(安倍晋三記念小学校とは)書いていなかった」と強調した。

 趣意書をめぐっては、5月8日の衆院予算委員会で当時民進党の福島伸享前衆院議員(10月の衆院選で落選)が、財務省が開示した資料の一部が黒塗りだったことを挙げ、「籠池泰典前理事長(詐欺などの罪で起訴)の記憶では、安倍晋三記念小学院の設置趣意書だった。その名前だったからこそ、忖度(そんたく)がなされ、特例措置が講じられることになった」と追及した。

 朝日新聞も、籠池被告の証言をもとに5月9日付で「開設予定の校名として『安倍晋三記念小学校』と記載したことを朝日新聞の取材に認めた」との記事を掲載した。

 麻生氏は報道に対し、「自分に都合の悪いところを隠すんじゃない。だから報道はゆがんでいるといわれるんだ」と語った。

産経ニュースよりの引用でございます。

腐れ朝日は、やはり捏造を繰り返しておりますね。大嘘を重ね、捏造しておきながらも、厚顔無恥に「大学入試出題NO1」などと偉そうに叫んでまいりましたが、そもそも、このような腐れ新聞から出題する大学の教授どもが腐っているのでございますゆえ、ものの道理でございましょう。

それでも離れない読者は、もう腐れ頭の同類と申せましょう。どのような思考回路であれば、この新聞を”良識”などと言えるのか?不思議でなりません。参議院のことを揶揄する折にも「これでも良識の府と呼べるのか」などと記しておりましたが、自らの醜態は棚の上でございますゆえ、アホらしくて目を通す気にもなれないと考えることが”正しい良識”でございます。

大和民族を愚弄すること、隣国のやり口そのものでございます。そもそも、我が国の新聞であるとは思っておりませんが・・・。

回転橋

昨日の社長さまは、ご自身が、弟分として大切にされておられます「Posso Quattro・中原」さまがご企画なさいました親睦日帰りバスツアーにご参加なさいました。
知恵の輪
天橋立方面へのカニ尽くしとあって、総勢39名の賑やかな日帰り旅のようでございました。

”知恵の輪”の先には、有名な回転橋が見て取れるのでございます。年末商戦にむけて、智恵を絞って頭の回転が良くなることを祈念いたしております。

新嘗祭

本日は、新嘗祭・祝祭日でございます。国旗・日の丸を掲揚いたしましょう。
 祝日 祝日 祝日

連夜の遅い帰宅

この一週間、社長さまのご帰宅のお時間の遅い日が続いてございます。
愛犬
本日は滋賀県大津市のご親友さま宅にご納車でございまして、ご帰宅は先ほど、午前一時を回っておられたのでございます。

ついついお話に夢中になっておられたのでございましょうね。明日はまた、あちらこちらへのお出かけもございますゆえ、今夜は早々にご入浴を済まされ、ご就寝なさることをお勧めいたしました。ご多用なる日が続いてございますが、ご無理なさらぬようにと祈るばかりでございます。

老舗大学のレベルアップ

少子化に伴いまして、各大学の運営も厳しくなっているようでございます。殊に、ランクを低く言われるところなどは、学生を集めることも儘ならぬようでございます。

そのような中、長い歴史のある所謂””老舗”と呼ばれますような大学は、かつての滑り止めという認識では到底合格は望めないほどにレベルも上がっているようでございます。
龍谷大学
社長さまもこの時期になりますと、詰めの勉強のやり方など色々とご相談をお受けになられることがございます。今ではインターネットにて過去問を手に入れることが出来ますゆえ、何かの対策になればとのことで、対象大学の英語問題研究をお始めになられたようでございます。

「字ぃが小さいねん・・・」とつぶやきながら、英文を読んでおられます。

降ったり止んだり

冷たい雨が降り、止んだかと思えばまた降り出す寒い一日でございます。
寒空
西の方を望みますと雲の切れ間から日が射しておりますゆえ、間もなく雨も上がるのでございましょう。

社長さまは今夜も、豊中に車検整備完了のお車のご納車に向かわれるご予定でございます。本年の実質稼動日も三十日余りとなっております。それを考えますと、お仕事の効率性も上げてゆかなければなりません。来月は、年末に向けてのTOPPAキャンペーンも展開されますゆえ、わたくしめも気を抜くことなく尽力しなければならないのでございます。

なんか嬉しい Ⅱ

77333
並んだだけで、その時を見ただけで、少し得したような気分でございます。

寒なる前兆

本日のシトシト雨の後、明日は寒くなるとの予報でございますが、お空の様子もそれを物語っているようでございます。
産大
連日連夜の深夜までのお仕事で、社長さまもドンヨリとお疲れのご様子でございます。

おかげさまで、アサダ自動車は本日もご新規さまの車検整備のご用命など、途切れることなくお仕事を頂戴いたしておりますが、少々手こずるお仕事などもございまして現場はオオワラワでございます。ありがたいことでございますが、お待ちいただいてございますお客さまにはご迷惑をおかけいたしております。鋭意尽力し業務に邁進いたしておりますゆえ、ご容赦願いたく存じます。

ガツンと言うたれ、ガツンと!

竹島じゃ!
産経新聞の引用でございます。

不見識というのか?常識知らずというのか?この腐れ厠の民族の思考回路には、前川某並みの精神構造不明なるモヤモヤがかかっているのでございましょうね。弱虫毛虫はナメテかかる我が国を無視はしても、大米国さまのお達しとあればソソクサと反応いたしますね。事大主義の血は、歴史を通して流れるものでございます。

また、平昌のオリンピックにも「安倍来い」などとエラソウナことを吐いております。もし日本よりの訪韓が少なければ、東京オリンピックには一人の韓人も行かせないという、一体どういうつもりで?脅しのつもりでございましょうか?こちらといたしましては、出来ることなら国交断絶を願っておりますゆえ、大歓迎なのでございます。よって、平昌には我大和の民は訪れることのないようにすれば、それが国交断絶への近道となりましょう。

それにいたしましても、困った連中でございます。北の金ブタの核で、半島ごと沈んでしまえば話は早いのでございますが・・・。

こうあるべき

電動ミラーの格納が出来なくなり、ミラーアッセンブリ交換をすることが多いのではございますが、そうなりますと部品代だけでも二万円を軽く越えてしまいますゆえ、ユーザーに少なからぬ負担がかかってしまうものでございます。
ドアミラー
車種によりましては、内部のメカニカル部品の交換が可能なものもございまして、部品代は三分の一程度ですむとなれば、非常に経済的でございます。

メーカーもお金儲けばかり考えるのではなく、本来こうあるべきでございます。

ゆ~けゆけ足立~どんとゆ~け~

朝日新聞、維新・足立康史氏の「死ね」ツイートに反論記事 東京新聞も議員資質問う報道

 日本維新の会の足立康史衆院議員が学校法人「加計学園」に関する朝日新聞の社説に関し「朝日新聞、死ね」とツイッターに投稿したことに対し、朝日新聞は15日付朝刊で、投稿を問題視する識者の談話などを交えた反論記事を掲載した。

 記事はジャーナリストの青木理氏の「政治家は言葉が命。『朝日新聞、死ね』と言論の元を断つような物言いは適切ではない」との見解を紹介した上で、朝日新聞社広報部のコメントとして「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道言論活動を封じようとしたことに強く抗議します」と断じた。

 東京新聞も15日付朝刊で「維新・足立氏 議員資質は?」との記事を載せた。政治評論家の森田実氏の「非常識極まりない」「政治に向いていない」などの談話を並べ、足立氏の言動への疑問を提起した。

産経ニュースよりの引用でございます。太赤字は、わたくしめが施したものでございます。

正当な報道?正当な言論活動?はっぁ???聞いて呆れるばかりでございます。どの口がそのような戯言を吐いているのかと疑うものでございます。

いわゆる強制連行した従軍慰安婦など在りもしないものをでっち上げ、世界に対して我が国の先人方を侮辱し続けた上に捏造を広げる始末。そしてまた、岡山理科大学の獣医学部の創設に関しましても、前川某なる虚言癖精神構造不明者を担ぎ出し、ありもしない細々としたことを嘘八百並べたてておいて、正当な報道とは、もう口も開きっぱなしでございます。

足立さま、心ある国民が後ろについております。心行くまで、お命ある限り闘い続けてくださいますように、わたくしめもお願い申し上げます。識者とか嘯くオオバカモノなど無視しておけばよいのでございます。風は、もう昔の風ではございません。

急に寒いねん

本日は朝から冷え込み、ふく風も強く冷たく、お車の洗車が大変な日でございます。
宇陀川
人とは勝手なもので、暑い折には日陰を探し、寒い折には日向を歩き、それが当然とは申しましても、この四季のある大和の国を地理的にも素晴らしいところであると誇りに思いたいものでございます。

良いことを期待する

”世の中が暗ければ 暗いと不平をもらさずに 自らは小さくとも明かりを灯すものであれ”

こちらは社長さまが常々心に念じておられるお言葉でございます。
灯明
みんなが暗闇を彷徨うならば、自分は光を放つように日々努力を怠らず、悩む人があれば「何をくよくよしている」と元気付ける力を蓄え、明日は良くなる、もっと良くなる、ずっと良くなると念じ続け、胸いっぱいに期待を膨らませ、大いなるお力に敬服する気持ちを忘れない生き方をしてゆかなければならないのでございます。

天は、我々が幸せになることを望んでおられるのでございます。良いことを期待して、良いことに触れる習慣を持つことが幸せへの近道なのでございます。それぞれの使命に応じたご褒美が、天よりみなさまに授けられますことを、わたくしめも祈っているのでございます。

”努力は決して裏切らない”という真実から皮肉に目を背けることなく、愚直に一日一日、今この時を必死に生き抜く覚悟こそが、天に通じる門を開く鍵なのでございます。澄み切った素直な心は、大いなる光を受け入れる無限の容器なのでございます。その容器は、おかげさまの心をもって世間さまに奉仕すれば、より一層に大きくなってゆくのでございます。

わざわざにご指名

常々は、ボルボディーラーにご入庫されておられるようではございますが、先日、前輪を脱輪なさいましたことで足回りが心配なので、それならば松原、いや大阪でホイール・アライメントと言えばアサダ自動車であるという嬉しいお話をお聞かせいただき、ご入庫いただいたものでございます。
ボルボ
自動車整備に携わるものといたしまして、こういったお言葉を頂戴できますことは、感謝至極でございます。

また本年に入りましてからは、車検整備にも新しいお客さまのご入庫を数多く賜ることとなってございます。かつて、お得意先さまにも「お前とこは高い!」と他社に行かれる方々もいらっしゃいましたが、これまでずっと、アサダ自動車の自動車整備に対します理念を突き通し、きちんとした仕事を続けてまいりました。

その結果、一度他社に行かれたお客さまがお返りになられましたり、ご新規さまのご来店につながったりと、不思議なことが続いているものでございます。遥か遠い高いところよりご覧いただく方のお力によるものと、わたくしめは心より嬉しく思い、また日々精進への新たなる気持ちに溢れているのでございます。

お前、大丈夫か?(~~)ココ>

【加計学園】
認可に前川喜平氏「総理のお友だちにだけ特権」

 学校法人「加計学園」(岡山市)による獣医学部新設計画をめぐり、林芳正文部科学相が14日に新設を認可したのを受け、文科省元事務次官の前川喜平氏は同日夜、「総理のお友だちにだけ特権を与える行政行為」などと批判するコメントを報道機関に書面で出した。全文は次の通り。
腐れ外道
*お写真は産経ニュースより拝借いたしました*   
           ◇

 林芳正文部科学大臣は、加計学園の獣医学部を認可してはならなかった。総理のお友だちにだけ特権を与える行政行為であり、我が国の大学行政に大きな汚点を残しました。

 認可がされても、決して幕引きとはなりません。不公正・不公平な行政を押し通し、国政を私物化した事実は厳然と存在し続けます。

 政権側は、国民による追及から逃げ続け、国民があきらめ、忘れてしまうのを待とうとしています。責任追及からの逃亡をこれ以上許すわけにはいきません。私たち国民は、決して忘れてはいけないのです。

   平成29年11月14日

       前川喜平

産経ニュースよりの引用でございます。

この腐れ外道は、国会の参考人招致にて「加戸前愛媛県知事」さまが真実をお述べになられたにも関わらず、加戸さまのお言葉をお借りいたしますれば、こいつの”精神構造が理解できない”、もっと平たく申しますれば、虚言壁と偏向した性癖の持ち主であろうかとさえ思えてくるものでございます。

あちらこちらにて、己が欺瞞を暴露され、何事におきましても論破されておきながら、そのことすら理解できない無能漢が、今更に何を偉そうにノタマウやら、アホウも休み休みにせよと申し上げたいものでございます。

こんなキノフレタオオバカモノが教育行政の”患部”であったならば、それはそれは、我が国の教育が地に落ちることも仕方の無いことでございましょう。先の大戦後の、東大サヨクのナレノハテでございます。

雨の銀杏並木

社長さまは午前中、豊中にお車の引き取りに向かわれましたが、あまりの渋滞に迂回なさいましたところ、このような綺麗な銀杏並木に遭遇されたようでございます。
銀杏
しっとりとした感じが、秋らしくてよろしゅうございますね。

導きの神

「やたがらす神社」さま・宮司さまのブログにもお写真が掲載されてございますが、氏子婦人部のみなさまがお作りになられた小さな籠でございます。
 社務所
*宮司さまのブログよりお写真を拝借いたしました*

八咫烏(やたがらす)を守り神といたしますアサダ自動車が、この”導きの神”なる文言の記されましたお守りを持ち合わせないことは、守護神さまへの背徳でございますゆえ、当然の如く購入いたしました。
やたがらす
多くのみなさまと良きご縁をお結びいただきますよう、祈念いたすものでございます。

寒い朝

今朝も気温は低く、寒い朝でございます。そして、新しい一週間の始まる月曜でございます。
千早
木々の葉は色づき、右も左も秋色に染まってまいりました。この色が無くなれば、冬の到来でございます。

今週の社長さまは、英会話レッスン、大学の授業、ダイハツ販売店会の支部会と、予定が詰まっておられるようでございます。やるべきことがいっぱいの、嬉し楽しい週でございますね。

TOPPA-αの新しい宣伝チラシも出来上がり、年末キャンペーンへの布石として、どしどし活用するのでございます。広報は、わたくしめの大きな役割なのでございます。

冷える夕刻

日中は過ごしやすうございましたが、夕刻になって少しばかり冷えてまいりました。
大和川
日も傾き、段々と薄暗くなり、秋の夕暮れの寂しさが伝わってまいります。

11月も中旬に入り、日々、秋の深まりを感じる毎日でございますが、どうやら社長さまも風邪をひいてしまわれたようでございます。この時期のちょっとした油断が体調不良を誘発いたしますゆえ、みなさま、どうぞご自愛くださいますように。

展示車入れ替え

アサダ自動車のショウルーム展示車も、秋色に代わったのでございます。
wake.jpg
年末に向けての販売店キャンペーンも始まり、これからますます自動車販売に力を入れていかなければならないのでございます。

名残り

ハロウィンの飾りつけが残されてございますが、蛾がトリックにはまったようでございます。
名残
南瓜が、おいしそうに虫を食べているようにすら見えるものでございます。沢山の小さな虫も、顔中に付着いたしております。これぞ”きもかわ”というものでございましょうか?

嗚呼もう実働一週間

明治節に月参りにご同行いたしましてから、もう一週間が経ち、本日で今月の実働も一週間が過ぎております。
室生
日の入り時刻も早まり、五時過ぎにもなりますと辺りは薄暗く、だんだんと秋の深まりを感じる日々でございます。

さて明日は週末の土曜日、ショウルームでは夕刻に「ボブ」さまの英会話レッスンがございます。その後、社長さまは、経営者セミナーメンバーのみなさま方との会合のためにお出かけでございます。ご帰宅は、またも日をまたぐのでございましょうね。

それより何より社長さまは、明日は明日で朝から東奔西走に成られること必至でございます。現場も手のかかるお仕事があり、社長さまもお手伝いなさることになるのでございましょうか。次から次へと途切れることのないお車のご入庫に、社員一同、心より感謝いたしております。誠に、ありがたいことでございます。

追伸

最近、わたくしめのブログをご覧にと沢山の方々にお越しいただいてございます。誠にありがとうございます。心より御礼申し上げます。

ご訪問くださいましたみなさまへの御礼などもできませず、また、ご訪問のお返しもままならぬ状態ではございますが、出来うる限りお訪ねいたしたく存じます。よろしくお願い申し上げます。

自販機で

お茶を買うたら ただの水
???
????????

病気なら治るが・・・

  産経抄
産経新聞の人気コラム・産経抄の引用でございます。

この民族をどのように”形容”すれば良いのでございましょうか?絶望的に果てしないスカスカ?言葉が見つからないのでございます。

なんか嬉しい

77111
数字の並びが、どこか幸運を感じる美しさでございます。

常に決断と実行

経営者として日々、様々な事柄に対しての意思決定をしなければならないお立場の社長さまは、一体何を基準として物事を決めておられるのでございましょうか?
1分間意思決定
「日常の簡単なことは習慣的に決められるが、”ここ一番”の決定には、思慮を要するな」

そう仰います社長さまの本棚に、面白いご本を発見いたしました。

本当に必要なことに応えているか、選択肢はわかっているか、考えぬいたか

さっと目を通しましたところ、そのように記された太文字が入ってまいりました。どうやら、その辺りが主題のようでございますね。25年も前のご本ではございますが、内容が錆びることは無い様でございます。(ホンの駄洒落でございます)

雨雨降れ降れ神さんが

「高龗(たかおおかみ)神社」さまは龍神さまでございまして、元来は水の神さまでございます。
たかおおかみ神社
「大和神社」さまご本殿、正面向かって左方に鎮座なさいますお社への参道には、皆さまがご奉納なさいました幟がずらりと立てられてございます。

多くのご利益(りやく)をくださいます神さまで在られまして、真摯なるお気持ちをもってご参拝なさいますれば必ずやお応えくださいますが、利益(りえき)を求めるのではなく、ご利益(りやく)をいただけますようにとのお祈りを捧げなくてはならないのでございます。”利益(りえき)”と”ご利益(りやく)”が質の違うものでございますことは、自明の理でございます。

本日はシトシトと雨が降っている朝でございますが、龍神さまはきっとお喜びなさっておられることでございましょう。

油はほるわ、吸殻はほるわ

朝から非常に気分の悪いことでございます。
油廃棄
アサダ自動車裏口の道路沿いにございます排水溝の泥溜めに、いつもいつもどこかの誰かが廃棄油(食物油)を捨てているものでございます。おまけにタバコの吸殻まで・・・。

社長さまは毎朝、お店の周りの吸殻や紙くずなどに「恨まんとな。ご苦労さん」と語りかけながら拾い上げておられますが、廃油ばかりはどうしようもございませんね。

わざわざに遠くより此処へ捨てに来ることもございませんでしょうゆえ、近くのヤカラでございましょうが、このような悪行は、必ずや神さまのお怒りにふれることでございましょう。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック