FC2ブログ

戦後72年

終戦の日を前に靖国神社でも祈り

 72回目の「終戦の日」となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれる。式典には、天皇、皇后両陛下のご臨席のもと、安倍晋三首相や全国各地の遺族ら約5700人が参列。正午に参列者全員で黙●(=示へんに寿の旧字体)をささげ、戦争の犠牲となった約310万人の冥福を祈る。

 千代田区の靖国神社には14日、多くの参拝者が訪れ、平和への祈りを新たにした。小雨が降る中、参拝者を乗せたバスが次々と到着し、閉門まで参拝者の列が続いた。
靖国神社
産経ニュースよりの引用でございます。

今このように、世界が羨むほどの生活が出来ますことも、遠くない過去に戦陣に散華された英霊方の尊いお命があり、そしてまた、戦禍を生き延びられた先人方の復興へのご尽力があってこそのものでございます。

苦難の歴史に対し、大和民族が謙虚に向き合うべき明日の終戦記念日、社長さまは月参りをなさいます。正午には「大和神社」さまの祖霊社におきまして、いつものように”海ゆかば”をご奉納なさるご予定とのことでございます。

*お知らせ*

本日社長さまは、ご家族行き着けの病院に伺われ、お腹の張りとシコリについてご診断をお受けになられましたが、過去に手術をお受けになられました虫垂炎の痕が内部で癒着を起こしている可能性が高く、そのもの自体は処置する必要もなく、経過をみていくこととなったそうでございます。念のために大腸ガンの簡易検査を行いますが、心配はなかろうとのお話でございます。

わたくしめも一安心でございます。ご心配いただきましたみなさまには、まずもってご報告申し上げます。社長さまへの温かなるお心遣いに対しまして、心より御礼申し上げます。ありがとうございます。
スポンサーサイト



キチガイノショギョウ

ご近所のみなさまも成育を楽しみにしておられます、アサダ自動車駐車場入り口付近に立っております”根性の木”を、またもや何処かのヤカラが、踏み倒したようでございます。
気きがいの所業
通行の妨げとならぬよう、社長さまが丁寧に枝葉を剪定なさっておられたのにも関わらず、このような所業に出るとは、人として最低レベルの生き物、いえ、このようなことをするヤカラに対し、”人”というような言葉を用いることすら憚るものでございます。

きっとこの報いは、その日々の生活に落とし込まれ、悔やんでも後の祭りということとなりましょう。社会において、同じ憂き目に遭うこと必至でございます。

その名の通り、根性の木は、また新しい命のサイクルへとつながってまいります。何があろうともへこたれないのでございます。

死んだふり

「おい、死んだふりすんな!起きんかい!」
センチコガネ
「ちぇっ、ばれたか。しゃあないなあ」
センチコガネ
「ああぁ、餌探そうっと」
センチコガネ
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック