9月が終わる

さてみなさま、いよいよ9月も終わりでございます。今年も四分の三が過ぎてしまったのでございます。
神戸
今年こそ・・・、と思いつつ、予定していたことは進んではいても、思った実績は残せていないことにため息をつくばかりでございます。

残された四分の一を少しでも悔いなく過ごせるように、再度、これまでの道のりを振り返ってみる機会といたしとうございます。

ため息 柴田淳
スポンサーサイト

お誕生日 続きぶ~

あゆみちゃんが、ぶ~ぶ~にもケーキを分けてくれたぶ~。
誕生日
ありがとう~ぶ~。いただきまぶ~

お誕生日ぶ~

今日は、あゆみちゃんの21回目のお誕生日ぶ~よ~
誕生日
おめでとうぶ~。 ぶ~ぶ~にもケーキをくれるのかな~?ぶ~

交換不要?

この自動車メーカーの整備指定項目に記されておりますCVTフルード交換にまつわります記載には、交換不要の文字が浮かんでおります。
CVT
おやおや、これは大変なことでございます。不要なものを交換してしまったのでございましょうか?

とんでもない、この交換不要こそ間違いなのでございます。

このメーカーにオートマチック・トランスミッションを提供している下請けA社の方が、ディーラーにCVTフルードの交換を依頼したところ、そのフロントマンは「これは交換できません。メーカーの整備書では交換不要になっています」との応対をしたのだそうでございます。

それをお聞きになられたA社の方は「何を言っている、何が交換不要なものか。このミッションを作ったのは私だ!その私が交換せよと言っているのに、不要とはどういうことだ!」とお怒りになられたそうでございます。結局のところ、当該ディーラーではやったことがないという理由で交換を拒否されたそうでございます。

適当なメインテナンスを行わずに、故障といえば下請けにクレーム申請をしてくるメーカーに憤りをお感じになられたことでございましょう。アサダ自動車がお近くであれば良かったのでございますが、残念でなりません。

こいつらアホか

関係あるの?「安保法成立でリスク高まる」自衛隊コース設置の私立高に申し入れ…高知県労連

 高知県労連などは29日、平成28年度から「自衛隊コース」を新設する私立高知中央高(高知市)に、コース設置の見直しを書面で申し入れたと発表した。28日付で郵送。安全保障関連法が成立し、自衛隊員のリスクが格段に高まり「単なる『就職先』ではなくなった」と指摘している。

 申し入れ書では、安保法によって、自衛隊が他国防衛や後方支援で海外に出向き、戦闘行為に巻き込まれる危険性があると強調。「教え子を再び戦場に送らない」という戦後教育の原点に立ち返り、再考してほしいと要望している。

 同校によると、普通科に設ける自衛隊コースは、自衛官にふさわしい人材の育成を目標とし、週6時間分の授業を銃剣道と現役、OBの自衛官らが講師を務める座学に充てるという。

産経ニュースよりの引用でございます。

アホウはどこまでいってもアホウでございますね。その上、このどアホウどもの言は、我が軍に対しての冒涜でございます。そもそも、我が日本軍人は、入隊に際し命をかけても国体を護ることを宣誓しているのでございますゆえ、それを「単なる就職先」とは、人をバカにするのにもほどがございましょう。そのような陳腐な思考が、”働ける”ということに喜びや感謝を見出すこともなく、労働を”苦役”ととらえ、見合う仕事もせずに平気で給料泥棒が如くに過ごしていられるのでございましょう。

”労連”などとは名ばかり、いずれにいたしましてもウジムシサヨクドモの巣窟でございましょうし、真に我国の若者の安全を考慮するならば、この度の法により、より安全に敵に立ち向かうことが出来るという事実を喜ばなくてはなりません。詰まるところ、我国を破滅させたい勢力に過ぎないということでございます。

時代遅れの化石頭は、いつまで大東亜戦争と同じことが戦場で繰り広げられると考えているのでございましょうか。近代戦は、このアホウどもが考えているような国民皆兵で対処できるようなものではございません。訓練に訓練を重ね、最新兵器を使いこなせる精鋭でなくてはなりません。

サヨクお得意の、戯言センチメンタリズムで国家は護れないのでございます。

商売繁盛

本年も、伊勢神楽の獅子舞が「商売繁盛・邪気退散」の舞を奉納してくださったのでございます。
獅子舞
アサダ自動車に獅子舞がやって参りますと、いよいよ秋という感じがいたします。

好天

本日は、なかなかに気持ちの良いお天気ございます。
やたがらす神社
差し込む日差しも、それほど強くもございません。秋が、足早に迫っているのでございます。

斜陽

堺市議会 第80代議長

「水ノ上成彰」さま、その方でございます。社長さまのご同志さまでございます。
水ノ上
来月の19日夕刻より、ホテル・アゴーラリージェンシー堺にて、そのご就任祝賀会が催されることとなっております。

十年以上前に、水ノ上さまが堺市会議員に立候補なさいますご決意を多数の方々の面前にてご表明されるその場で、司会をお勤めになられましたのは、うちの社長さまでございました。

お二人は、衆議院議員(当時)「西村眞悟」さまを塾長といたします政策研究会「西村塾」のご同志として、北鮮による憎むべき我が同胞の拉致事件解決のためのご活動をはじめ、我国の根幹に関わる国防・教育についての勉強会などを開かれておられたのでございます。その西村塾の第二代幹事長が、水ノ上さまなのでございます。

社長さまも、当日はご参賀なさることでございましょう。わたくしめよりも、心よりお祝い申し上げます。 

ぶ~ぶ~

パパしゃ~ん、新しい週がはじまりましたぶ~。
ブタポン
お昼からもガンバってぶ~。

名月

長居スタジアム
今夜は”中秋の名月”が、闇夜にきれいに浮かんでおります。

Mr.Children  Melody

はっきりしない空模様

午後よりは好天に恵まれるとの予報ではございますが、現在のところ、松原市のお空は鈍よりいたしております。
霧
奈良の山奥では、一雨来そうな気配でございましょうか?

社長さまはご商談のために、午前中はお仕事にお出かけでございます。午後からは、かめ吉さまの水槽掃除をされるとお聞きいたしております。シルバーウィークも飛び飛びでのお仕事でございましたゆえ、少しお休みになられるほうが良いのではございませんか?

土曜の夜の英会話

本日は第四土曜日でございますゆえ、ボブさまの英会話レッスンが行われている最中でございます。
英語レッスン
本日の最終グループ(初級クラス)のレッスンは、音のリダクションについての耳慣れレッスンでございます。

例えば、should have been が、”シュダヴビン”と、pick him up が”ピキマップ”と発音されるようなことを知っておかなければ、ネイティヴとの会話は難しいということでございますね。

本日の最終グループレッスンには、社長さまがサポートのために入っておられます。初級レベルには、少しばかり厄介なようでございますね。

朝日・毎日の偏見

【産経抄】
坊主憎けりゃ… 9月26日
 
 坊主(ぼうず)憎けりゃ袈裟(けさ)まで憎いではあるまいが、安全保障関連法の成立に前後して異なものを見た。それまで「民意」を錦の御旗(みはた)と掲げて連呼し、デモを礼賛してきた一部の新聞が、安倍政権を支持した有権者に矛先を向けていたのである。

 ▼「この有権者たちは、政治を自分のこととして考えたことがあるのだろうか。猛烈に腹が立つ」。毎日新聞19日付夕刊では、作家の高村薫さんがこう激高していた。真摯(しんし)に政治に思いをはせ、平和を願うからこそ安倍政権を支持してきた有権者は当惑するしかない。

 ▼かたや、朝日新聞20日付朝刊の1面コラムは疑問を投げかける。「有権者に問いたい。(昨年12月の衆院選は)熟慮の末の投票・棄権だったのだろうか」。まるで、熟慮していれば安倍政権側には投票しないと言わんばかりである。

 ▼平成24年の衆院選、25年の参院選、26年の衆院選と3回の国政選挙の投票行動で示されてきた民意は、彼らにとっては叱責の対象か何かの間違いにすぎず、尊重すべきものではないらしい。とどのつまり、自分たちと立場が異なる民意は認めるつもりがないのか
 
 ▼プラトンの著作『ゴルギアス』の中でソクラテスは、「民衆に呼びかける仕事をしている人たち」は当の民衆を、悪いことをする者としてとがめ立てすることは許されないと戒めている。それは己の無能を証明し、自分自身をも非難することになるのだからと。

 ▼プラトンが生きた約2400年前も現在も、人は同じような問題に悩み喜び、似たような愚行を繰り返す。25日で事実上、閉会した通常国会では、55年前の日米安全保障条約改定時とそっくりな徴兵制実現論や違憲論が堂々巡りしていた。民意も現実も、見ようとしない人には見えない。

.産経新聞の人気コラム「産経抄」よりの引用でございます。

朝日や毎日の上から目線並びに真正保守派に対する癌的偏見体質は、既に末期症状に至っておりますね。どこのどいつが記したものかは計りかねますが、一流国公立大学を出た自分達は間違いなく正しい主張をしており、せいぜい関関同立卒採用程度(某弁護士の言による)の産経や読売の読者に対しましては、馬鹿者扱いをしているように思われてならないのでございます。差別的書き込みとも取れるこのような記事が、”一流紙”に記されておりますことに感嘆いたしますね。

自らがやらかしてまいりました大捏造により、国家が危機に瀕するやも知れぬと言うのに、そのようなことは無かったが如くに、国家の大きな柱でございます安全保障に対する大和民族や責任ある政治家の正しい判断を、あたかも間違いかのように超然としていられるその精神状態からいたしましても、違うところもかなりの末期症状でございますね。

朝日・毎日の読者諸氏は、平然とこんなものを読んでいられるのでございますゆえ、余程の”インテリゲンチャ”と自負しておられるか(幻想にすぎませんが)、思考停止しているのか、あるいは、朝日大好きの、和歌山大学のサヨク教員のように心からこの国を憎んでいるとしか思えないものでございます。

ご愁傷さまでございます・・・南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

丼鉢に人が・・・

食べ終わったチャンポンの丼鉢に人が・・・
人
        が・・・
人

アホはこいつらだけや無い!

「安保法案の成立許せない」全学生に反対呼びかけメール送信 奈良教育大教授、学内ネット使い
 
 奈良教育大(奈良市)の教授が、安全保障関連法案に反対する声明への賛同と署名を募るメールを、学内のメールシステムを使って全学生と教職員に一斉送信していたことが25日、関係者への取材で分かった。大学側はシステムの利用規約を逸脱した行為として、教授に口頭注意した。

 メールは越野和之教授(50)=障害児教育学=が15日午後10時ごろ、「【賛同・署名のお願い】安全保障関連法案反対声明」とのタイトルで、同大の全職員と学生約1450人に学内のメールシステムから送信した。「奈良教育大教職員有志」名で、呼びかけ人として越野教授ら同大の教職員14人の名前とともに「命を犠牲にし、未来を閉ざす戦争につながる法案の成立を許すことはできない」などとして法案の廃案、撤回を求める声明文への賛同と署名が呼び掛けられていた。

 越野教授らは翌16日、この声明文を報道関係者に公表。学内での署名には、約130人が応じたという。

 同大総務課によると、学内のメールシステムは利用規約で「本学における教育・研究に関する活動のために利用されなければならない」と規定。同課は「今回のメールは目的に合致せず、大学の規約を逸脱した行為」とし、16日に越野教授に口頭で注意した。

 産経新聞の取材に対し、越野教授は「法案の成立が近く、ほかの手段がなかったので学内メールを使った」と説明。「大学の利用目的にのっとっていなかったのは遺憾。今後は気をつけたい」と述べた。

 大学側は18日、全職員と学生に対し、「情報モラルに気をつけて他者の迷惑になるような使用は控えてください」と、学内メールの利用に注意を呼びかけるメールを送信。教授らに対する処分は「検討していない」としている。

産経ニュースよりの引用でございます。

まあ、この馬鹿者は、奈良県民の血税をよくも無駄遣いしてくれたものでございます。それに、”口頭注意”だけで処分なしとは、軽いにも程がありましょう。仮にも、この馬鹿者は公立大学の教員でございますゆえ、”税金で飯を食う”モノの端くれでございましょうに、もっともっと重い処罰があってしかるべきではございませんか!
      わにまろライト
この関西地区には、和歌山大学にも英語狂育に携わる、”安倍政権批判一辺倒の偏向教員”が生息いたしております。ご多分にもれず、大阪市立大学を出たドサヨクでございまして、反原発を旗印にいたしております。
        わにまろレフト
自身のブログでも、実践英語を推進する政権や文部科学省、経済界を批判しつづける次代遅れ甚だしいプロレタリアートよろしく、この度の大切な安全保障法に関しましても戦争法と定義し、わけのわからぬ弁護士連中やサヨク教員とともに、自慰いたしております。

このような化石は、展示物にも燃料にもなりませぬゆえ、破棄するしかないのでございましょうか?

喜びの声

先日、アッシュのCVTフルードを交換させていただきましたお客さまより、態態にお喜びのお声を頂戴いたしました。
CVT
四国方面に二度行かれたのだそうでございますが、まず走りが軽やかになったこと、そして、CVTにあってはならないはずの変則ショックもなくなり、また信号などでの停止時に引きずられるような感覚もなくなり、素晴らしいとのご感想をいただいたのでございます。

多くのみなさまからのお褒めのお言葉は、本物をお勧めし、一台一台丁寧に交換させていただいていることの証でございましょう。わたくしめも嬉しいかぎりでございます。

イエーイッ!

やたがらす神社
ローハイド

秋の大祭

昨日の「大和神社」さまでは、秋の大祭が執り行われてございました。
大和神社
地域の方々や幼稚園児によります雨乞いの踊りを、沢山の参拝者がご覧になられていたものでございます。効果覿面、本日は雨模様でございました。
 大和神社 大和神社 大和神社
鎮守の森の、にぎやかなひと時でございました。
大和神社

腐れ教員の戯言

大阪府公立高校には、非常に問題な発言を平気でする輩が多数生息いたしておりますが、大阪府立藤井寺高校三年担当の某教員が「安倍が戦争法を作ったから、君らの子どもが徴兵で戦争に行くかも知れん」などと、どこかのアホウ政党の廃棄されたポスターの文言のような戯言を吐いたようでございます。
わにまろバックわにまろバックわにまろバック
しかもこの発言は内緒にするようにとも付け加えていたようでございますが、根性なしの姑息野郎と申しておきましょう。

朝日の毒やNHKの薬で思考停止した、なんと素敵な教員でございましょう。このようなモノにお勉強を教えてもらえ素直に聞き入れる生徒でございますれば、それはそれは素晴らしい支韓愛国心を持つ病的な若者が出来あがりましょうが、今のネットが発達している社会におきまして、こんな下らぬ妄言が真に受けられると考えていること自体が低脳なのでございます。自分がどれほどお偉いとお考えか?恥ずかしいとも思わずによくもまあ、言えたものでございます。

この低俗低脳教員も、アメーバ歩きをするキチガイサンギインギインナントカタロウの様になってしまわぬ内に、早めに病院に行かれることをお勧め申し上げたく存じます。世界は動いているのでございますよ。

見たわよ

大和神社
「大和神社」さまにて、わたくしめ、このような風景を垣間見たのでございます。滅多と多くの人々が集うことのない静かな境内に、一体何事でございましょう・・・。

暑さ寒さも彼岸まで

昨日の奈良はお天気もよく、爽やかな風も吹き渡り、月参りには文句なしの一日でございました。
彼岸
「長谷寺」さまにても、彼岸の法要が営まれていたようでございます。肌寒さすら感じる奈良の夕刻でございます。

法案可決報告

本日は、社長さまの月参りにご同行いたしますが、一番にすべきことは「大和神社」さまにて、安全保障法成立のご報告ならびにお礼を申し上げることでございます。
忠魂碑
この国が、二度と戦禍に見えることのないように、ご英霊のお力をお借りしなければならないのでございます。

国の行く末を思い散華なされた数多くの先人方に、真をつくす教育を取り戻さなければならないのでございます。平和の礎は、大和悠久の真の歴史を知ることからはじまるのでございます。”日韓友好”などと、腐れ文言を校内に掲げているような所業からは、真の友好など産まれはしないのでございます。

届くかな・・・

神戸

夜の海に立ち

吉兆

大空より、白い大蛇が舞い降りてきたかのような雲に相見えたのでございます。
白蛇
ほんの短い時間の出来事でございました。これは、吉兆でございます。

連休中

みなさま、秋の行楽シーズンの連休をどのようにお過ごしでございましょうか。
神戸
シルバーウィークなどと申しましても、沢山の方々がお仕事に従事されておられることでもございましょう。社長さまも、明日はお仕事とお聞きいたしております。
神戸
様々な人々の、様々な生活が日々続いて、この世界は生々流転しているのでございますね。

Mr.Children Starting Over

名言集

あら探しをするな、解決策を探せ

自動車王「ヘンリー・フォード」さまのお言葉でございます。
      wanimaro_front.jpg
先日、成立いたしました安全保障法に対しましても、一部のアホウ野党、殊に民主党のやり方には、多くの大和民族は反感を抱かれたことでございましょう。対案なく、ただただ「反対!反対!」では、今の世に通用するはずもございません。

捏造朝日に尻ふり毎日、NHKなどのマスゴミもあら探しに夢中でございまいた。またこの度、アホウ学者どもの会が声明を出したようでございますが、このモノどもも屁理屈を重ねるばかりの、”無責任この上ない”連中の塊でございますね。

もっとも、この連中に解決策など期待すること自体が間違っておりますが・・・。



間違いやと?なめるな!

新潟市立小教諭、児童に「安保法案反対」ビラ 「間違えて配布」 

 新潟市の市立小学校教諭が、安全保障関連法案に反対するビラを児童に配布していたことが19日、関係者への取材で分かった。児童が家に持ち帰り、気づいた学校側が回収した。ビラは「戦争をさせない1000人委員会にいがた」という組織が今年7月、市内で法案に反対する座り込みやデモを行った様子を写真付きで紹介、カンパを呼びかけていた。

 同市教育委員会などによると、ビラが配られたのは市立桜が丘小学校。10日朝にこの教諭が、担任する5年生の学級の児童13人に他の配布物とともにビラを渡した。同日夜に市教委にメールが寄せられたことで発覚し、11日になって校長が、保護者に宛てたメールで「配布物に学校の不手際による不適切なものがあった」と謝罪し、回収した。

 教諭は新潟市教職員組合員で、組合文書の配布を担当。組合員に渡すはずだったものが、誤って児童への配布物に紛れ込んでしまったと説明しているという。市教委は教諭のケアレスミスと判断したが、18日に市議から指摘を受け、教育長に報告した。

 市教委は産経新聞の取材に対し、「再発防止に向けて指導し、防止策を整える」としている。

産経ニュースよりの引用でございます。

何を”間違い”などとトボケタことを言っておるのでございましょうか。アホウも休み休みにしていただきたいものでございます。こんなもの、サヨク教員連中の常套手段でございます。朝日新聞の捏造だろうが誤報だろうが、出してしまえばそれでよい、ともかくも一度人目に触れさせておきたいという姑息な考えの下に行われる悪行の一つでございます。

学校内にて政治的主張を刷り込むなど言語道断!即刻、懲戒に値するものでございます。ケアレスミスなどという言葉で許されるものではございません。そのような腐れ文言が記された書面が、”神聖なる”校内に置かれていること自体が問題なのでございます。また、もしも、この書面が公費で作成されたものであったとすれば大問題でございますよ。

こういった連中が、公立学校に闊歩しているという事実が、わたくしめには承服いたしかねることなのでございます。このバカどもは、自分達は平気でこのような悪行をはたらきながらも、対極の立場の主張には耳もかさないスタンスなのでございます。「他人の意見を大切にしよう」などと美辞麗句を並べたてはいたしますが、その実は、己が主張のゴリ押しなのでございます。

こんなヤツにありがちな、児童には好かれるという羊の皮を被る悪魔のような存在なのでございます。女子児童に対して”わ~にちゃん”などと声色をかえ親しげに読んだりするのでございますよ。あ~変態!気持ち悪い


社長さまが学生でいらした頃は、先生は「浅田」と呼び捨てされておられたようでございます。それが師弟のあるべき姿でございましょう。社長さまのお嬢さまが通われておられました高校ではそのようなことは無かったようでございますが、もしもお嬢さまにそのような呼び方をし擦り寄ってくるようなことがあったならば、即刻、社長さまは学校に乗り込んでおられたことでございましょう。そして「こらワレ!オンドリャ~、うちの娘になんちゅう呼び方さらしとんじゃ!」と怒鳴りちらされておられたのでございましょう。

シルバーウィーク

世間さまは、本日より5連休とやらのことでございますが、わたくしめは社長さまが今日・明日はお仕事でございますゆえ、お手伝いでございます。
大和神社
時折陽がさしますが、本日も曇り空でございます。影も段々と長くなっておりますね。

社長さまは昨晩も遠くまでバイクの引き取りに行かれておられましたが、高速も沢山の自動車が走っており、パーキングエリアも混雑していたとのことでございます。連休の影響でございましょうね。

事務所拡張

「日本ライトハウス」さまの訓練所の事務所が拡張されました。
ライトハウス
沢山の職員方も、動きやすくなられたことでございましょう。

ぶ~ぶ~

社長さまのお嬢さまの後期授業が始まりましたゆえ、ブタポンは少しばかり寂しそうでございます。
ぶたぽん
ぶ~ぶ~、ぶ~ぶ~と寂しげに鳴いているのでございます。

平成27年度整備主任者技術講習会

本日は、午前10時より夕刻まで松原商工会議所におきまして、松原地区の自動車整備技術講習会が開かれたのでございます。
技術講習会
年に一度、この技術講習(選抜)と法令講習(全員)は受けなければならないこととなっているのだそうでございます。

ホンダのサービス部より、二名の方がお越しになられていたのだそうでございます。三十名を超える受講者で、実習は盛り上がっていたのでございましょうか?

一部の方が鋭いご質問をされましたが、残念ながら講師の方はお答えを煙に巻いておられたようでございます。

随分と定着

アサダ自動車お勧めのATF*アッシュは、弊社のお得意さまを中心といたしまして、その評判が広がり定着しつつございます。
CVT
本日のCVTフルード交換は、トヨタ・パッソ(走行5400km)でございます。四国に再々向かわれるとのことで、低排気量の場合、その走りに大きな違いがございます。もちろん、燃費向上も期待できましょう。
CVTチラシ
未だ、自動車整備業者によりますれば「そんなもん、換えんでエエ!」と主張するモノも居るようでございますが、不勉強も甚だしいと申し上げなければなりません。

”快適に走行できる”ということと、”走るのに支障ない”ということは全く別物でございまして、その微差の積み重ねが大差になるということを理解できないモノの言と申し上げたく存じます。

社長さまのお話によりますれば、大阪産業大学の当局内部の講師陣の中にも交換不要を主張する輩が居るとのことでございます。その根拠は「メーカーは交換しなくてよいと言っている」という、誠にお粗末としか申し上げようのないものでございます。これでよくもまあ、大学の教壇に立てているものでございますね。わたくしめが当局ならば、即刻に呼び出し注意・警告いたしましょう。

社長さまのように外部からの非常勤講師の方々は、日々現場にて様々な事例にあたっておられますゆえ、メインテナンスの重要性をご理解されておられるのでございます。”現場の声”が、まず何より大切にされるべきでございましょう。

まるで、集団的自衛権をめぐる、アホウな憲法学者や学者かぶれ政治家どもと、国家の安全に責任を持たなければならない実務政治家との違いのように思えてまいりました。

フジテレビのようには行かんぞ!

駐日韓大使、本社に抗議 記事削除を要請 本社社長拒否
 
 韓の柳興洙駐日大使は15日、産経新聞社を訪れ、産経新聞のウェブサイト「産経ニュース」と「SANKEI EXPRESS」紙(8月30日付)に掲載された野口裕之・本紙政治部専門委員の「米支二股 韓が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」と題された記事について、「憤りを覚える内容で朴槿恵大統領や韓国国民を冒涜している」と述べ、記事の削除と謝罪を要請した。

 また、柳大使は朴大統領の訪支について、「日支韓首脳会談の開催に消極的だった中国支那から前向きな回答を引き出した」と強調、大統領の訪支を「事大主義」と論評した同記事を批判した。

 これに対し、産経新聞社の熊坂隆光社長は「記事は記者の自由な論評、評論であり、削除や謝罪をする考えはない。自由なジャーナリズムの表現は自由な社会を構成する要素のひとつだ」と要請を拒否した。

 記事は韓外交の特徴として事大主義を挙げ、朴大統領の抗日戦勝70周年記念軍事パレードへの参観を例として取り上げた。

.産経ニュースよりの引用でございます。

どこまで腐りきったすかすかスイカしか持たぬ大使なのか思ってしまいますが、当然の如く、腐れ政権の言を代表するものでございまして、低脳の低能には、どれほど”民主主義”というものを講義してやっても理解不能でございましょうね。
      wanimaro_front.jpg
フジテレビならばともかくも、産経新聞は我国の立場を毅然と訴えるマスコミでございまして、捏造朝日や尻ふり毎日のようなマスゴミとは違うものでございます。よって、このような戯言を聞き入れてもらえると思っていること自体、笑うしかない醜態を晒しているということでございますね。

歪んだタイヤ

タイヤは使用限度を過ぎますと、時折、このようなことになってしまうものでございます。
変形したタイヤ
コブのように膨れてしまっております。走行中、アニメの様に”ゴトンゴトン”という風に震えるのでございます。

虫も秋モード

暗闇にスッと動くものを見つけましたゆえ、灯りを点けて近づいてみたのでございます。
うまおい
ウマオイのような虫が、エサを探して迷い込んできたのでございましょうか。
うまおい
コオロギが合唱する夜に包まれる、秋のひと時でございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック