FC2ブログ

第二艦隊戦没者慰霊祭

【戦後70年】

「大和の科学技術は戦後花開く」 広島・大和ミュージアムの相原さん講演

 戦後70年の節目に平和の大切さを学んでもらおうと、特別企画「零戦(れいせん)と戦艦大和講演会」(産経新聞社など主催)が27日、大阪市北区の市中央公会堂で開かれた。広島県呉市の大和ミュージアム統括、相原謙次さん(60)が、戦艦大和の造られた経緯などについて、資料を示しながら講演。「大和に結集された技術は戦後さまざまな分野で花開き、高度経済成長を支えた。志を持って日本を守ろうとした技術者や乗組員の思いを後世まで伝えたい」と訴えた。

 相原さんのほか、戦闘機「零戦」と「紫電改」の元パイロット、笠井智一さん(89)=兵庫県伊丹市=が講演した。

 相原さんは、呉市が軍艦製造の中心地として栄えた歴史をスクリーンで写真を示しながら解説。「資金力の豊富なアメリカの戦艦よりも、大和の主砲は大きかった。水平線に敵艦のマストが見えれば、距離を計測して正確に各砲塔から42キロ先まで砲撃できた」と大和の高い技術力を強調した。
戦艦大和
  昭和16年に撮影された戦艦大和(大和ミュージアム提供) 

 九州沖に沈む大和の調査など、元乗組員らの活動についても紹介。昭和60年に、船首にある菊の紋章を発見した際の映像など貴重な資料も示した。

 戦後、造船業だけでなく、製鋼やカメラなどさまざまな分野に活用された大和の技術について、「大和は日本の科学技術とものづくりの結晶として生まれた。性能を発揮する機会はあまりなかったが、技術は戦後花開いた」と締めくくった。

 一方、笠井さんはフィリピンや沖縄での空中戦を振り返り、零戦と紫電改の性能の違いなどを実体験もまじえて講演。自身が搭乗した零戦の垂直尾翼の破片を示し、「17、18歳の若者が国を守るため、こんなペラペラの飛行機で愛する妻子や兄弟をのこして一生懸命戦った。先人たちへの感謝と慰霊の気持ちを後世へ伝えたい」と訴えた。

 会場では、戦争体験者や遺族ら約850人が時折涙を流しながら講演に聞き入った。フィリピン沖の海戦で父を失った奈良県御所市遺族会会長、杉村保幸さん(71)は「今日の平和があるのは、多くの亡くなった人たちのおかげ。のこされた人はつらい。二度と戦争はしてはいけない」と話していた。

産経ニュースよりの引用でございます。

昨日、社長さまのご有志さまもこちらのご講演会に伺われたようでございます。大変に感動された素晴らしいお話であったとのことでございます。

さて、本年も「大和神社」さまにおきまして、四月七日午前十一時より”第二艦隊戦没者慰霊祭”が執り行われることとなっております。平日ではございますが、この戦後七十年の節目の年であり、かつ先様よりご招待状を頂かれましたゆえ、社長さまもご参列されるご予定でございます。

参道
この大和の国が、二度と戦禍に晒されることのないことを、心よりご祈念される大切な祀事でございます。

男たちの大和
スポンサーサイト



伊勢道中

朝早く、お宿のベランダより望む先には、穏やかな海が広がっておりました。
志摩
朝陽に照らされた波が煌いておりましたが、春とは言えぬ冷たい空気が部屋に入り込んでまいったのでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック