FC2ブログ

魂の叫び声が聞こえる

「お母さん、完走したよ」…がん闘病の母に捧げた最初で最後のフルマラソン 大阪芸術大の酒井が力走、19位


 魂のこもった力走は、闘病中の母を勇気づけたに違いない。25日行われた「第34回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、日東電工協賛)に、新設された「ネクスト ヒロイン」枠で出場した酒井優実(22)=大阪芸術大。「私の走りでお母さんを元気づけたい」。そう胸に刻んで初めて挑んだフルマラソンだったが、2時間46分19秒、19位で見事に走りきった。

 ゴールすると、その場で顔を手で覆い、涙を流しながら、スタンドに向かって何度も頭を下げた。

 「走っている途中、お母さんのことが何度も思い浮かんだ。みんなの応援がうれしくて…」。酒井はそう言うと、思わず言葉を詰まらせた。沿道の家族連れが目に入るたび、自宅で療養を続ける母、博美さん(50)と自分の家族のことが思い浮かんだ。

 「自分は速くないから、テレビ中継には映らないと思う」。レース前に酒井が博美さんにこう伝えていたが、「最後だから頑張りなさい」と励まされて臨んだ大会だった。

 42・195キロという未知の世界、レース途中から、足はだんだん動かなくなった。だが、「何としても最後まで走る」と歯を食いしばった。家族を代表して沿道に駆けつけた弟の駿さん(19)は「母も姉ちゃんの走りを見て元気を出してくれたと思う」と懸命に声援を送った。

 4年生が卒業記念として大阪国際女子マラソンに挑戦する部の慣例にならい、昨年11月に出場を決意。博美さんががんに冒され、余命3カ月と知ったのはその直後だった。愛知県内の実家に戻り、こう伝えた。「部活、辞めたから」。うそだった。実は、大阪芸大女子駅伝部の中瀬洋一監督(46)に「1人でもいいから練習は続けろ」と促され、女子駅伝部にとどまることにしていた。

ただ、家族がつきっきりで看病しているのに「自分だけが走っているのは申し訳ない」という思いがあった。家族が寝静まっている午前4時。トレーニングウエアに着替え、こっそりと部屋を抜け出した。

 毎日、走るコースを変えてはさまざまな神社にお参りし「どうか、お母さんを助けてください」と願掛けするのが日課となった。

 病気と闘う母に少しでも長く寄り添ってあげたい。一方で、間近に迫る駅伝を諦めたくもない。交錯する思いを抱えながら病院を見舞ったところ、母が背中を押した。

 「私のところにはいなくていいから。大阪に戻りなさい」。

 自身の病いのために競技を続けさせてあげられなくなったと信じ込み、博美さんは心を痛めていた。「もう一回、やるよ」。酒井は改めて決意した。

 初マラソンへの道のりは平坦ではなかった。籍を置くのは課題提出に追われるデザイン学科。授業と看病で数日ごとに大阪と愛知を行き来する中、練習時間を確保するのは大変だった。

 それでも「私の苦しさなんて、お母さんの苦しさに比べたら大したことない」と言い聞かせ、厳しい練習を一人でやり遂げた。

 中瀬監督も「看病しながらの練習だったのに、よく頑張った」とその走りを評価した。

 酒井は卒業後、神奈川県内の企業に就職することが決まっており、「陸上は辞めるつもり。今回の大会が走り納め」と明言する。

 しかし、今大会の力走を目の当たりにした中瀬監督は「『絶対あきらめない』という気持ちで走りきったんだと思う。後輩たちの夢を背負ってまた大阪国際女子マラソンに出てほしい」と期待を寄せる。

「お母さん、完走したよ。19位だったよ!」

 ゴール後、酒井は母の博美さんに電話をかけた。電話口の向こうで博美さんは「すごいねえ。ありがとう」と声を震わせていた。

 酒井は目を潤ませながら、「最近は暗い声しか聞いていなかったけど、母が泣いて喜んでくれた。声も元気そうで本当に良かった」と声を弾ませた

産経ニュースよりの引用でございます。

これこそ、人が”生きる”という課題を真摯に考えなければならない、大変大きなことを教えていただけるものでございます。

人は決して、一人で生きられるものではございますせん。それゆえ、人は必ずどなたかのお蔭様の恩恵を受けており、知らず知らずにご迷惑をおかけもいたしておりましょう。よって、そのご恩をどのようにしてお返ししなければならないのか、愛する人のために命をかけて尽くすことも一つでございます。また、社会に貢献することもお一つとなりましょう。

この記事の女子大生の、お母さまをお慕いなさいますお気持ちは、多くの方々に感動を与えるものでございます。その大きなうねりは生命エネルギーと化し、やがて神さまへと通じることでございましょう。

誰かのために生きること、それが自らの生命を輝かせ、回りまわって「よく生きる」ということになるものでございます。学校の机の上では学ぶことのない、生きた学習があちらこちらにございますね。
スポンサーサイト



言わされている?

「アベ、お前がハルナ殺した」

 インターネット上に投稿されたのは、オレンジ色の服を着用した後藤さんが、殺害されたかのようにみえる湯川遥菜さんの写真を両手で持っている約2分50秒の静止画像で、後藤さん自身のものとみられる音声も含まれていた。前を向いて写真を持つ後藤さんの両手は、鎖がついた手錠のようなものでつながれていた。

 音声は「私はケンジ・ゴトウだ。写真はイスラム国で殺害されたハルナのものだ」とした上で、「アベ、お前がハルナを殺した。われわれをとらえていた者の脅迫を真に受けず、72時間以内に行動しなかった」と指摘。2人の娘に向けて「愛している。会いたい」と述べた。ヨルダンで収監されているサジダ・アルリシャウィ死刑囚の釈放を要求した。

産経ニュースよりの引用でございます。

休日をいただき、ゆっくりとした一日を過ごしているわたくしめでございますが、今この時も遠く離れた地にて救出を待つ同胞が呼びかけていることも、この同じ地球上で起こっている事実なのでございます。

一刻も早い事態の収拾を図らなければなりません。しかしながら、行くべきではない危険地帯に自らの意思によりに赴いたからには、それなりの覚悟あってのことと存じます。あくまでも自己責任であり、この大和に居ながらにして不法に拉致されたわけではないことを、後藤氏ご自身が一番よくご理解されておられるはずのことでございましょう。

今、わが国にありながら政府を批判しているサヨク連中がすべきことは、彼の地へ赴き、イスラム国のテロリストたちにこう訴えることでございます。

「日本には平和憲法がある。この憲法の下、日本は平和を保ってきた。憲法九条がある限り日本人は平和に暮らせるのである。よって、この憲法をよく読んで欲しい!」

この文言をすべて言い終わる前に監禁されるか射殺されることでございましょうが、”平和憲法”護持を訴えるサヨク連中、もちろん左翼政治家どもにも、是非ともわが国の”平和憲法”とやらの神通力を見せて欲しいものでございます。

さて、福島某や志位某には、まず率先していただかないことには・・・。

休日

休日
わたくしめは、本日お休みを頂戴いたしております。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック