FC2ブログ

バレバレじゃ

【浪速風】 なりすましは卑劣だ(11月26日)
 
 平成元年に初めて消費税が導入された際、こんな話が流布した。子供がお菓子を買いに行ったら、消費税分が足りなくて買えずに泣いて帰ってきた。実際にあったかどうかはわからない。当時、小学生だった息子に話したら、ばかにするなという顔で「消費税、知ってるよ」と言った。

 ▼「まことしやか」は「いかにも本当らしく見せる」の意味で、つまりは嘘である。子供を使うとよりまことしやかになる。小学4年生が「どうして解散するんですか?」と疑問を投げかけたサイトが、実は大学生が開設したものだった。安倍首相は「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為」とコメントした。

 ▼「(アベノミクスで)ぼくのおこづかいは増えてないよ。1回で700億円かかる選挙はだれのお金なの。ねぇねぇだれか教えてよ」。よくできている。いや、できすぎだった。選挙報道でよく使われる有権者の声も、尋ね方、選び方で誘導となる。新聞人として心したい。

産経ニュースよりの引用でございます。

このような事例は、中学生の修学旅行にもございます。いわゆる”原爆の語り部”という方々に政治的発言をさせないようにとの申し入れに対しまして、サヨク教員どもは卑怯な手を使うことがございます。それは、中学生に質問させ応答させるということでございます。
        wanimaro_front.jpg
例えば「安倍内閣が集団的自衛権の行使を閣議決定しましたが、それについてどう思われますか?」などという、中学生がしそうもないような質問をさせるわけでございますね。学校側とすれば、生徒の質問に答えるのだから仕方が無いというスタンスを取っているつもりでございましょうが、いずれにいたいましても姑息なヤツラの姑息な手段ということでございますね。

わたくしめの故郷”聖堂池”の隣にある中学校でのお話でございました。
スポンサーサイト



いずこも秋深し

泉北
社長さまは、午後より堺~岸和田~泉北方面へと所用にお出かけでございました。
    堺   堺
あちらにもこちらにも、秋の終わりが近づいていることを知らせてくれるように落ち葉が舞っていたとのことでございます。

やっとか!と思いきや・・・

河野元衆院議長「大きな間違いを私は犯した」 小選挙区導入を“懺悔”

 河野洋平元衆院議長は25日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた土井たか子元衆院議長のお別れの会で、「大きな間違いを私は犯しました。今日の日本の政治は、劣化が指摘され、信用ができるか、できないかという議論まである。そうした一つの原因が小選挙区制にあるのかもしれない」と述べ、衆院選に小選挙区制を導入した自らの判断は誤りだったとした。

 衆院の中選挙区制廃止と現行の小選挙区比例代表並立制の導入は平成6年1月、当時、野党だった自民党の河野総裁と、細川護煕首相とのトップ会談で決まった。

 河野氏は、この会談の最中、当時衆院議長だった土井氏から、細川氏とともに議長公邸に呼ばれたエピソードを披露。このとき土井氏が、直接的な表現は避けながらも、小選挙区制導入に慎重な考えを示していたことを明かした。

産経ニュースよりの引用でございます。

やっとのことで戯言”河野談話”について間違ったと発言したのかと思いきや、自らの政治姿勢を棚上げにしておきながら「今日の日本の政治は、劣化が指摘され、信用ができるか、できないかという議論まである」とは、笑いすら出てまいりません。この男はやはり、ハトポッポ、アホカンとともに我国憲政史上における大汚点の一つであることに違いはありません。

こんな男にやりたい放題させてきた自民党とは、一体、どういう存在であったのか?考えずにはいられないわたくしめでございます。

愛犬

パンク修理でお越しいただきましたお客さまの愛犬でございます。
りんちゃん
山奥でイヌの死体がゴロゴロしているなどと、大切な”命”を商品としか見なさぬ連中の悪行がニュースで流されております。金儲けのネタにされるためにこの世に生を受けたのではないはずでございます。生きとし生ける物への敬意の欠如、これすなわち、”自らの生を尊ぶ心の貧しさ”のあらわれでございましょう。

愛らしいこの眼が何かを訴えるように感じるのは、わたくしめだけでございましょうか・・・。

名言集

Le sang se lave avec des larmes et non avec du sang.

血は涙で洗うものであって、血で洗うものではない。

フランスの詩人であり小説家でもございます「ヴィクトル・ユーゴー」さまのお言葉でございます。

戦禍に倒れた方々には、その分に相当する悲しみの渦があったに違いございません。先の大戦におきましても、どれほど多くの血が流れ、どれほど多くの方々の悲しみが世界を駆け巡ったことでございましょう。あれほど多くの犠牲を払ったにも関わらず、この21世紀にまだ、帝国主義を標榜する民族国家が、わが国周辺に位置していることを憂慮いたします。
      わにまろバック
二度と、決して二度と、戦禍に悲しむ人々がこの大和にあってはならないのでございます。国防は、その点を確りと踏まえた上で考えていかなければならないのでございます。戦わずして勝つ、その戦略も大切でございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック