FC2ブログ

お断りや!

来年を韓日の新たな出発元年に」朴大統領、光復節で演説 「日本の知恵と決断に期待」

 【ソウル=名村隆寛】韓の朴槿恵大統領は15日、日本による朝鮮半島統治の終結を記念する「光復節」の式典で演説した。朴大統領は、日韓が来年、国交正常化50年を迎えることに言及、「来年を韓日の新たな出発の元年にしなければならない」と強調した。

 対日関係について朴大統領は、「日本の一部政治家が両国民の心を引き裂き、傷つけている」と述べ、歴史認識問題をめぐる日本政府の姿勢を批判した。さらに、自らが「慰安婦の女性らが納得できる措置を日本に求めてきた」とし、「このような問題を正しく解決してこそ、韓日関係は堅実に発展する」と語った。

 その上で朴大統領は、慰安婦問題などの解決に向けた「日本の政治家の知恵と決断を期待する」と述べ、名指しはしなかったものの、安倍晋三首相に問題解決に向けた努力を促した。

 朴大統領は朝鮮半島の南北関係にも言及。北朝鮮に核放棄を求め、北朝鮮が最近繰り返しているミサイル発射などの挑発を「容認できない」とした。その一方で、南北共同での河川・山林管理や、文化遺産の発掘事業を提案した。

 一方、韓外務省は同日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納したことや閣僚らが参拝したことに対し「慨嘆を禁じ得ない」とする報道官の論評を発表した。

産経ニュースよりの引用でございます。

何を偉そうに大上段からの物言いをするのかと思えば、結局は、ここ最近の我が国の対応が毅然としており、己が思うように事が進んでいないために弱音を吐いておるのでございますか。

朝日新聞が、いわゆる従軍慰安婦の強制連行に何らの根拠なく捏造していたことを(世間さまは捏造と断定しております)吐露したことがよほどの痛手だったのでございましょうね。その割には、もっと頭を下げて床にでもこすり付けてお願いすることが筋でございましょうに、どの面下げての物言いでございましょか!

この厚顔無恥な態度だけでも失礼至極にも関わらず、我が国の英霊を貶める韓のアホウ感覚には、こちらが憤慨ものでございます。北鮮のミサイルが雨霰とソウルの街を焼きつくそうと、大和民族の知ったことではございません。来年を機に、国交断絶すればよいのでございます。我が国にとって、要らぬお荷物を放り投げる記念すべき素晴らしい年となりましょう。
スポンサーサイト



一句

ヒグラシ

      ひぐらしの 声染み始む そらの彩
    
    ヒグラシ   ヒグラシ

お盆に仕事

少しばかりのご事情で、社長さまは本日お仕事のために「軽自動車検査協会・和泉支所」に行かれました。
軽自動車検査協会
お盆休み前にお預かりいたしましたお車の、継続車検の書類手続きとのことでございます。

お盆休みの15日でございますゆえ、本日は閑散とした様子でございますね。

嗚呼 海軍兵学校

海軍兵学校では、夜の自習時間終了五分前に合図のラッパが鳴らされ、当番の学生が「五省」を拝誦し、各自が瞑目して一日の行動を反省自戒することが決められてございました。
五省
大東亜戦争敗戦により海軍兵学校は閉鎖されてしまいましたが、現下のわが海軍幹部候補生の教育にも大切な役割をはたすものでございます。

また、この「五省」は海を渡り、アメリカのアナポリス海軍兵学校でも英訳されたものを使用し、大いに教育に役立てたとのことでございます。洋の東西を問わず、良き本物は世代を超えて受け継がれて行くということの証でございます。

このような素晴らしい教育を受けた凛として若者たちが、二度と戦火に倒れることのない”大和”をつくることが、幾多の戦禍を乗り越えた大和民族の責任であり務めなのでございます。本日の終戦の日は、慰霊とともに平和を祈る日でもございます。 拝
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック