FC2ブログ

英断

今月の17日、発足総会を開く予定をいたしておりましたメカトロクラブZENSHINでございますが、大阪府にも再度、支那・武漢コロナウイルスに対する非常事態宣言がなされる様相となり、残念ではございますが、総会開催を延期することになったものでございます。
大阪平野
この大阪の、平安な日々が訪れるまでには、まだ時間は必要でございましょう。状況を見ながらの判断をすることになりますが、現時点では、4月11日()の開催を予定いたしております。

総会に向けてご準備をいただいておりました関係各位には、しばらくのご辛抱をいただくことになるものでございます。悪魔の撲滅に向けて、我々も出来ることをやらなければならない、そして、やることを止めるようにする努力も要求されましょう。
スポンサーサイト



三が日も終わり

お正月の三日間も終了でございます。来るまでが楽しいお休みも、残りわずかでございます。
とんど
社長さまは明日より起動モードにお入りになられ、今年発足するメカトロクラブZENSHINの設立総会に向けてのご準備にも取り掛かられるようでございます。

既に、メカトロクラブは、みちのくに仙台という東北の先輩方が、その名を全国に轟かせておられるものでございます。また昨年11月、メカトロクラブ九州の設立に合わせ、社長さまが、その第一回のセミナー講師として長崎に招かれたのでございます。

令和三年一月十七日、その日は、阪神淡路大震災から丸26年目を迎える日でございます。その日が、メカトロクラブZENSHINの創設記念日となるのでございます。正しくは、メカトロクラブZENSHINは、平成七年、それは、あの大震災が起こった年に一度生まれておりますゆえ、再出発ということになるのでございます。

震災のあった年に生まれたZENSHINが、その記念日に再出発すること、そして、みちのくや仙台も、あの東日本大震災の被災地が拠点でございます。九州においても、熊本での大きな震災がございました。何かの因縁を感じるのは、わたくしめだけでございましょうか?

自動車整備業界を取り巻く環境は決して楽観できるものではございませんが、幸いにも、新生・メカトロクラブZENSHINには、支え合い、また刺激し合えるメカトロ仲間が全国にあり、これからもドンドンと出来てまいりましょう。四国にもその種が、いえ、もう芽が出ているはずでございます。

目を閉じれば、自分一人ではない、決して孤独ではない、同じ苦しみを感じながらも辛抱強く耐え抜き、内には沸々と闘志を燃やし、負けるな、くじけるなとエールを送り合える、そんな同志の輪が広がってゆく光景が浮かぶのでございます。我が国の中心部に位置するメカトロクラブZENSHINが、その仲立ちとなれるような存在になることが使命でございます。小さくとも消えることの無いエターナルフレームを灯し続けるために、動き始めるのでございます。

GReeeeN『星影のエール』

更なる飛躍に向けて

長崎空港

Mr.Children 「Brand new planet」

道程は遥か遠くとも

メカトロクラブZENSHINの発足まで一ヶ月余りでございます。年末の慌しさの中、準備が滞っているようでございます。社長さまも連夜のご外出で、少々お疲れのご様子でございます。
近畿自動車道
何が何でも、このプロジェクトは絶対に成功させなくてはならないものでございます。困難に満ちた行く先は遥かに遠く、たとえゴールは見えなくとも、前進続ければ必ずや目的地に到達いたします。

そこは一通過点に過ぎないことは解ってはいても、それでも、前進し続ける強い集団となるために尽力しなければならないのでございます。全ては上手く行く、そう念じるのでございます。思い描けぬ人には成れぬと申します。まずは、そう思うことが第一歩でございます。

Christopher Cross - All Right

起動準備

メカトロクラブ
メカトロクラブZENSHINは、平成7年に、社長さまやご同業者が集まり一度結成されましたが、規則などが大雑把であったため、自然解消的に休止してしまっていたとのことでございます。

二度とそのようなことがあってはならないということで、事務局の「永大部品」さまから、きっちりとした会則を設けておくべき旨のお話もございまして、あれこれと議論を重ねているものでございます。
ZENSHIN
メカトロクラブZENSHINの行末が、明るく豊かな未来となりますことを、わたくしめも心より祈念いたすものでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック