火の用心

便利なはずの火も、使い方次第で恐ろしくなるものでございます。とりわけ火事は、全てを奪い去り得る悪魔の火と申せましょう。
不動尊
また、人知れず恐ろしいものは、人の心にある恨み辛み嫉妬など、情念の火が燃え上がることでございます。

「不動明王」さまが、そういった邪念の火を断ち切ってくださるのでございます。
スポンサーサイト

理より情

【産経抄】
情に生きた星野仙一さんの哲学 

 阪神の監督に就いて間もない星野仙一さんが、球場の整備係を呼び出した。高知で行われた16年前の春季キャンプである。苦情か怒声か、世に聞こえた「鉄拳」か。身を硬くした担当者を、新監督は溶け落ちそうな笑みで迎え、拍子抜けさせている。

 ▼本拠地の甲子園と同じ芝だな。土の感触も似ている。「よくやった」と。同じ年のペナントレースのさなか、球団職員の一人に星野監督から封筒が届いた。表に「見舞金」と書いてある。子供が病気で入院したことを人づてに聞いたらしい。職員は感涙にむせんだ。

 ▼中日、阪神、楽天。監督として迎えられた先々で、ほろりとさせる人情話の数々が残っている。球団は選手やコーチだけのものではない。「裏方も含めてファミリーだ」と語っていたのを思い出す。球史でも指折りのリーダーだろう。星野さんが70歳で亡くなった。

 ▼ユニホームを着れば感情の沸点は低く、グラウンド上での握り拳が印象に強い。多くのファンが喝采を送ったのは「打倒巨人」と息巻く異端児への安直な判官びいきではあるまい。「勝ちたいんや」と明快なベクトルを示す。時代の求める指導者像への賛美だろう。

 ▼トレードにも哲学があった。「子分」と目をかける選手をあえて手放し、痛みを背負う。中日監督時代に4選手との交換でロッテの三冠王、落合博満を獲得したときもそうだった。放出された投手が「星野さんのためになるなら喜んで」と涙ながらに語ったという。

 ▼非情の人ではなかった証しである。中日、阪神で計3度挑んだ日本シリーズにことごとく敗れ、「闘将」には長らく悲運の2文字もつきまとっていた。被災地に歓喜を届けた楽天での日本一は、情に生きたその人への天の配剤に思えてならない。

産経新聞の人気コラム・産経抄の引用でございます。

あまりにも多くのエピソードがございますゆえ、殊更に「星野仙一」さまのことを記すようなことはわたくしめの適うところではございませんが、”情に生きた”ということに関しましては、過日、社長さまが経営者セミナーにてお話なさいましたことに通じるものがございます。

人と人のつながりは、理屈などで割り切れるものではなく、生きた人同士が交わることで成り立つものであり、その”情”が「もの」に対しても生まれくるべきものであることを力説なさったものでございます。
レジュメ

時には、事象により非情なる対処に及ばなければならないこともございますが、その後には必ず、篤い情をもってケアすべきことは言わずもがななのでございます。闘将は、まさにそれをご実践されておられたからこそ、沢山の方々より愛されておられたのでございましょう。

今はただ、ご冥福をお祈りするばかりでございます。 拝

もののあはれ

歌舞伎義経千本桜・渡海屋(とかいや)大物浦(だいもつうら)の一場面でございます。今夜、NHKEテレにて放映されたものでございます。わたくしめも見入ってしまったものでございます。
安徳帝と典侍の局
平家外戚に生まれたがゆえに、その数奇なる人生を歩まなければならなかった一族の非情を、歌舞伎に仕立てたものでございます。
新中納言知盛
その内容詳細につきましては他に譲ることといたしますが、これぞ我が国が今こそ感ずべき”もののあはれ”を具現したものと申せましょう。過日、社長さまが経営者セミナーにてお話なさいましたが、そこでもこの”もののあはれ”をお取り上げなさったのでございます。

他国の宗教儀式であるクリスマスの夜に、あえて我が国の伝統文化を感じる見識を見出したく拝見いたした次第でございます。

*お写真はNHK教育テレビ配信より拝借いたしました*

不思議な話

今週末の土曜の早朝、経営者セミナーの講師は社長さまでございます。

社長さまが毎朝欠かさずになさっておられます”物”への働きかけが、どのような変化を生み、どのようにお仕事に改善をもたらしたのか?ということを、神懸りという観点ではなく、理論的にお話をなさるのだそうでございます。
レジュメ
途中には、文芸論かと思しき内容もあるやにお聞きいたしております。レジュメ下方には、我が国の保守思想大家「福田恆存」さまのお名前も記されてございます。

物にまつわるエトセトラでございますね。どのようなご講話になりますやら、わたくしめも楽しみにいたしております。

良いことを期待する

”世の中が暗ければ 暗いと不平をもらさずに 自らは小さくとも明かりを灯すものであれ”

こちらは社長さまが常々心に念じておられるお言葉でございます。
灯明
みんなが暗闇を彷徨うならば、自分は光を放つように日々努力を怠らず、悩む人があれば「何をくよくよしている」と元気付ける力を蓄え、明日は良くなる、もっと良くなる、ずっと良くなると念じ続け、胸いっぱいに期待を膨らませ、大いなるお力に敬服する気持ちを忘れない生き方をしてゆかなければならないのでございます。

天は、我々が幸せになることを望んでおられるのでございます。良いことを期待して、良いことに触れる習慣を持つことが幸せへの近道なのでございます。それぞれの使命に応じたご褒美が、天よりみなさまに授けられますことを、わたくしめも祈っているのでございます。

”努力は決して裏切らない”という真実から皮肉に目を背けることなく、愚直に一日一日、今この時を必死に生き抜く覚悟こそが、天に通じる門を開く鍵なのでございます。澄み切った素直な心は、大いなる光を受け入れる無限の容器なのでございます。その容器は、おかげさまの心をもって世間さまに奉仕すれば、より一層に大きくなってゆくのでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック