FC2ブログ

きれいな魚には毒がある

一般に、美しい女性を揶揄せんがため「キレイなバラにはトゲがある」などと言われるのではございますが、お魚にもそういう種類が沢山いるものでございます。
ミノカサゴ
みなさまよくご存知のミノカサゴもその一種でございますね。地域により、色々な呼び名がついているようでございます。

見た目が綺麗であるがゆえに毒を持つようになったのか?あるいは毒があるゆえに外見をキレイに飾るようになったのか?薔薇につきましても同様のことが申せましょう。

さてさて、世の美しき方々は、いかにお考えでございましょうか・・・。
スポンサーサイト



先は見えるか?

未来を見た
「岡本太郎」画伯によります”未来を見た”でございます。

未来はまだ訪れておりませんので、文法上、”見た”という過去形を用いることは矛盾するものでございます。しかしながら、芸術家という方々は一般人とは違った感性をお持ちでございますゆえ、脳内においてはむしろ、理論的なのかも知れません。

ミスタージャイアンツ「長島」さまは、かつて選手でいらっしゃいました際には、チャンスが巡りバッターボックスにお入りになられる前に、自らが逆転ホームランを放ち、喝采の下ダイアモンドを周り、祝福の中ホームインするお姿を脳裏に焼き付けておられたということをお聞きしたことがございます。

”思い描けぬ人にはなれぬ”というお言葉がございますように、まずそうなろうと心に誓うこと、そしてそれを持続させることが出来る精神力を備えること、またその上に、必ずやり遂げるという信念を突き通すための「実践」が伴うこと、それこそが、先を見通す力となるのではないかと考えるものでございます。

言うは易く行うは難し ではございますが、一歩踏み出すことが出来れば、先を見通す力が備わるものと考えているものでございます。気がつけば、未来はすぐそこまで迫っているものでございます。

一日一灯

折角少しずつ世の中が明るくなっていたかと思いきや、下らぬ連中の馬鹿騒ぎや厚顔無恥などにより、大和人の気持ちに闇がかかりそうでございます。

機嫌よく過ごしているにも関わらず、態々に不機嫌な連中に引き摺られる必要もございません。こちらはこちらの都合で、楽しく明るく日々の生活を謳歌したいものでございます。

そうは申しましても、自分だけが良ければ万事良好ではございません。善いことはどんどんと押し広げてゆかなければ、何のために生きているのか?幸せは、沢山の人々に伝染させて行くべきものでございます。
灯明
人一人が出来ることは、それほど大それたものではございませんが、一日一つずつ、小さな灯を点すような善事を行えば、一年で365もの灯明となり、やがては暗闇を照らす明かりと変わるのでございます。

そういったことを、十人、百人、千人、万人と増やしてゆけば、目も眩むほどの輝かしい光となるのでございます。

生きる意味とは?との問いかけにお答えすることはとても難しいことではございますが、一日一日、自分に出来る目の前のことに、命を削ってでもやり抜くという強い気持ちを、命ある限り持ち続けられるかどうか、それが価値ある人生を歩むことになるのではございませんでしょうか。

今日もまた、小さな灯に火を点けられますよう真剣に生きるのでございます。この世に生を受けたからには、精一杯生きるのでございます。

一歩一歩が向上へと

社長さまの岩手ご訪問は、先さまのお力添えによりまして盛会であったご様子でございます。伺うまではアレコレと思索されておられましたが、最後には「自分がやってきたこと以上の話は出来ひんから、ありのままで心を込めるしかない」との境地に立たれたようでございました。
回廊
この業界に身を置かれて以降、色々な壁に阻まれること幾多、それでもその障害を撥ね退け、あるいは飛び越えられて来られたことでございましょう。

眼前にある長い長い階段を、一歩ずつ一歩ずつ弛まずに歩んでゆけば、何時かは自分だけが見ることの出来る世界が広がるというものでございます。苦しくとも辛くとも、決して歩みを止めない日々を過ごせば、必ず希望が見えてまいりましょう。

問題は、その希望を叶えるために、更なる向上心をもって学ぶことを止めてはならないということでございます。希望はあくまでも希望、その夢を実現させるには、見えない支えが必要でございます。それこそは、今回のように社長さまをお引き立てくださった「須藤」さまはじめ、メカトロクラブのみなさまのご信頼やご厚意でございましょう。

人一人が出来ることは、それほどに大きなものではございません。しかしながら、沢山のお支えがございますれば、一人の力は十倍にも百倍にもなる可能性を秘めているのでございます。その下支えには、一歩一歩の前進努力があるのでございます。

苦難幸福之門

苦難のどこに幸せがあるものかっ!?大抵のみなさまは、そうお考えのことでございましょう。
苦難福門
当然、こちらで申しますところの”苦難”は、主に自らが蒔いた種が主たる原因の苦難でございまして、己が日々の生活の歪みが引き起こしたものを指すのでございます。

たとえて申しますと、只今の社長さまのご体調不良も、お仕事最優先で適度なお休みをお取りにならないことが原因でございましょう。

健康に限らず家庭内不和や経済問題、人間関係などなど、人には「これさえ上手く行けば・・・」ということが色々とあるものでございます。そのためには、自らの日日の生活を確りと見つめ直し、ゆがみやひずみを取り除くことから始める必要がある、という教えからきたお言葉でございます。

一見、順調に見える毎日にも、いつ姿を現すやも知れぬ危機や危険は存在しているのでございます。その折にも「上手く行かない・・・」と悲観するのではなく、”この苦しみは自らを高めるために天から頂いた警告である”と考えをかえることの先に、必ず幸せが待っていると信じる生き方をしたいものでございます。

本日より六月でございます。心新たに、令和元年の日々を過ごしてゆくのでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック