横顔 28

敬一郎は石舞台が見下ろせる場所に車を止めた。通常は車を止められるような所ではないが、この季節にこの時間となれば、通る車も少ない。

「久しぶりに見るわ、この景色・・・」 洋子が車の窓を下げて首を出しながら言った。
          石舞台
「風が冷たいね。でも、何かすっきりした気分になるわ」 洋子は瞳を閉じて深呼吸した。緩やかに吹き込む冷たい風が、助手席の洋子の匂いを敬一郎に運ぶ。夕日をコントラストにした洋子の横顔が、シルエットとなって敬一郎に飛び込んだ。洋子は、そのまま眼を閉じていた。美しい、その形容詞しか浮かばなかった。

「この石舞台って、ずっとずっと昔からここにあるんやな。幾多の風雪に耐えて、ここに悠然とあるんやな」

「そうやね、どんなことがあっても揺るがないんやね。そう有りたかったね、私たちも・・・」ぼんやりと外を眺めて言った。

敬一郎は何も応えなかった。洋子自身も応えを求めてはいない。今日ここまで二人に与えられた神からの贈り物である時は、間もなく閉じられようとしていた。消そうとしては浮かんでくる記憶、それは更なる重みとなって敬一郎にのしかかった。おそらくは、洋子も同じ感情を抱いているに違いない、そう考えたかった。

「温かいコーヒーでも買おうか?あそこ、まだ”みたらし団子”売ってるねんで」

「えっ、おばさん、まだ頑張ってはるの?」すばやく振り向き、目を丸めて聞いた。

「いや、今は違うよ。けど、元気にしてはるらしいで」

「そうなんやあ、今日は懐かしいの連続やね」

石舞台前の駐車場に車を進めた。まだ数台の車が止まっている。

ずっと前に、夜遅くにこの駐車場に寝そべり、二人で星空を見上げたことがあった。願いを込めて二人で探しそうとした光は、とうとう見つけることは出来なかった。その光は遠い空にあるのではなく、すぐ隣にあったことをお互いが気づけなかった。何年も経って見つけることが出来たその光を、敬一郎はずっと大切に守り続けていた。小さくても輝き続けた光に敬一郎は支えられてきたということを、今日あらためて思い知らされた。

「ああぁ、もうお店閉まってるよ。五時までかなあ。残念やね」 洋子は口を尖らせた。

「敬ちゃん、どれにする?微糖、ブラック、色々あるよ。」

「俺はブラックでええよ。あ、俺出すよ」 慌ててポケットから小銭を出した。

「いいよ、私が出すから。今日はあちこち連れて来てもらってるんやから。はい、ブラック」

「ほんだら、よばれますわ。ごちそうさんです」

「きれいな夕日やね。変わらないんやね、この景色。あの頃を思い出すわあ。何時までも見ていたいわ。このまま時が止まればいいのに・・・」
          
          飛鳥夕刻

「俺は、あの頃に戻ればええのにって・・。ずっと思ってた。ずっとな」

「えっ・・・」 洋子は敬一郎をみつめた。

「洋子と別れてからも、俺は一人でここへ来て、ずっと洋子と二人でこの景色を見てた。俺の傍には、いつも洋子が居てくれた・・・。その思いがあったから、俺は生きて来られた。もし神さまが一つだけ願いを聞いてくれるなら、どうかあの頃に戻してくださいって、そんなことばっかり考えてた」

「敬ちゃん・・・、敬ちゃん・・・」 敬一郎をみつめる洋子の瞳は揺らぐ夕日をのみこんでいた。

こと 熊木杏里
スポンサーサイト

横顔 27

「洋子、なあ、洋子」 店の主人と話込んでいる洋子を呼んだ。

「あ、ごめん、ごめん。つい話し込んで。じゃあ、失礼します。また伺いますね」

「いつも遠いところ、ありがとうございます。お気をつけて」 親娘が再度、深々と頭をさげて送り出してくれた。
          田中日進堂
洋子にとって久しぶりの大宇陀である。思い出が彼女を若い頃に引き戻したのだろう。名残惜しさに洋子は店を振り返り、店先に出て見送ってくれる親娘にあらためて会釈した。その仕種は、女らしさであふれている。

「なあ、洋子、この後なんやけど、どないする?まだ、ここに居りたい?」

「ううん、もういいよ。次、どこか行くつもりなん?」

「いや、特にはないけど・・・。洋子がどこか行きたいなら回るけど・・・」

「じゃあ、帰り道は飛鳥回りでがいいな」 洋子からのリクエストに応えることになった。
         
          秋の田
街道沿いには田畑が見渡せる。秋の実りを膨らませた稲穂が、傾きかけた光を受けて揺らいでいる。こんな景色を、何度一緒に見たことだろう、敬一郎はそんなことを考えていた。

「きれいやね、稲穂が・・・。敬ちゃんと何回こんな景色を見たのかなあ・・・」 洋子が呟いた。

洋子が自分と同じことを考えている、そのことが嬉しかった。ほんの小さな心の一致が、今日という短い時間を二人で過ごせていることの喜びを一層大きくさせた。

車窓を流れる景色が二人の中に染み込んでくる。何度も何度も見たはずの景色が、油絵を上塗りするようにむかしの記憶を厚くする。この景色は、今では淳子と見る景色になっているはずなのに、敬一郎は洋子と描いた絵を捨てきれていないことにあらためて気づかされた。それは、自分の弱さの現われであることを敬一郎自身が一番よくわかっている。この弱さが、洋子を苦しませた大きな原因であったことも・・・。

「どのくらいかかるのかな、飛鳥まで。もうすぐ暗くなっちゃうね」 

「そうやなあ、大和の日の暮れは早いからなあ。ここからやったら、半時間くらいやで」

「ああ、もう四時半回ってるもんね。寒いかなあ、飛鳥・・・」 そう言って、ずっと外を眺めている。
           光る風

「どないしたん?気分でも悪いんか?」

「ううん、大丈夫・・・」 洋子のその返答に、敬一郎は一瞬、胸に刺さるものを感じた。
 
 ”ううん、大丈夫” それは、淳子が敬一郎の問いかけに応える時の口癖である。メールに一度も返事をしていないことが気になっているところに、何気ない洋子の短い一言が、池に投げられた小石が作る波紋のようにじわじわと敬一郎に迫ってくる。

大宇陀からは談山神社回りで明日香村への道が開通している。曲がりくねった山道を走り抜けると、間もなく飛鳥に到着する。最後の長い下り坂を降りると、そこには石舞台が悠久の堂々たる姿を現した。
           石舞台

鹿男あをによし

横顔 26

雨上がりの町をゆっくりと歩く淳子の携帯が鳴った。バッグの中から慌てて取り出したが、相手は千沙世である。

「もしもし、さっきはゴメンな・・・。私、ちょっとどうかしてたわ」 いつもの千沙世が、妙に神妙である。

「ええよ、別に・・・。もうええから・・・もう・・・」 淳子は、心ここに在らずの状態で答えた。

「なあ、どうかしたん?淳子おかしいで」

長年の付き合いとは、こういうものだろうか。悟られたくない相手に悟られてしまうことのもどかしさと、気づいてくれる嬉しさが交錯する。

「ううん・・・、大丈夫・・・」 

「全然大丈夫違う声やし。なあ、今どこに居てるの?まだ店?」

「ううん、違う。もう出てる。もう帰るから」

「そうなん・・・。なあ、ペコから連絡あったん?それで元気ないんやろ?」

「ううん、大丈夫。もう気にせんといて、大丈夫やから・・・」 淳子は、千沙世の気遣いが嬉しいのか煩わしいのかさえ判断が出来ずにいた。知らず知らずに涙がこぼれた。

「淳子・・・。会おう、なあ、今からもう一回会おう」

「いい、大丈夫やから・・・。千沙、ありがとう。ごめんね」 泣き声を悟られまいと必死に堪えた。

「あかんって。今から会おう。もう一回話したいし。それと、晩ごはん一緒に食べよう」

「安田さんは、どうするん?会うんやろ?あかんやん・・・」 

「ええねん、ヤスより淳子が大事やん。親友やんか、なっ」 千沙世は出来るだけ明るい声で言った。

「ええよ。安田さんに会い。でないと、あかんよ。会える時は会わなあかんよ。私は、いつでも居てるから」

「淳子・・・。なんで?」

「あのな、千沙もいずれは訪れるかも知れん時をちゃんと考えやんとあかんよ。安田さんが、いつまでも千沙の傍に居てくれるかどうかわからんやん・・・」 淳子は、自分に言い聞かせるように千沙世に言った。

「自分が確固たる位置にあるわけではないんやから、安田さんに会えるときは会って、後悔ないようにしないと」

「淳子・・・。あんた・・・、本気なんやね。心底惚れてしまってるやん」

「千沙・・・、後悔せえへんように、一回一回、心をこめて安田さんに接してあげて。お願いやから」

千沙世は、淳子の気持ちが痛いほどに理解できた。形態に若干の差があるとはいえ、同じ境遇にある淳子の辛さや寂しさ、虚しさは十分に共有できていた。それだけに、淳子の言葉が胸に突き刺さり、千沙世に次の言葉を出す力をも奪い去った。

「わかった・・・。じゃあ、気をつけて帰りや」それだけ言うと電話を切った。

冷たくなってきた風が、淳子の頬に触れた。流れた涙がより一層に冷たさを増した。今この時にこそ、敬一郎の声が聞きたい、会いたい、抱きしめて欲しい、その思いをこの風がさらっていくように感じた。
Mr.Children つよがり

横顔 25

「寒いなあ、冷えるなあ。大丈夫か?」

大宇陀に到着した三時頃には、雨は止んでいた。うっすらと光をさす時さえあった。夕方から降るはずの雨が、早く通りすぎたのだろうか。二人は大宇陀の古い町並みを歩いていた。

「大丈夫。ねえ見て見て、きれいやねえ」 洋子が紅葉を指して続けた。
          紅葉
「光が透き通ってるね。正暦寺みたいに雨降りは雨降りで雰囲気あるけど、これはこれできれいやわ」 二人は紅葉の下で立ち止まり、微笑んで見上げた。敬一郎は、紅葉のゆれる影を受けた洋子の横顔をじっと見た。

「空が青空なら、もっと映えて綺麗なんやろうけどな。こっちも降ったんかなあ?あんまり屋根も濡れてないみたいやな」 背伸びをするように町並みの屋根を覗いた。

「ねえ、きみつつみは、どの辺で売ってるんやったっけ?何ていうお店やったかなあ・・・」

「田中日進堂やで。むかしに、一回真似て洋子が作ってくれたことがあったやん。あれは”絶品”やったな」

「ああ、覚えてるわ。あれ、敬ちゃんにすっごい嫌味言われたよね。やっぱりホンマもんはええ!とか言って」

洋子が敬一郎に入れてくれるシナモンティは、確かに絶品である。敬一郎の好物の金平ドッグの味も間違いない。ただ、若いころの料理の腕前と言えば、非常に不安定であった。もちろん、長年の主婦生活により、その力量は上がっているはずだ。さもなければ、カフェなど開けるはずもない。

「今なら、完璧やろうな。なあなあ、カフェで出してみたら?」敬一郎がおどけて提案した。

「う~ん、食べてみて考えるわ」 何処を見るでもないが、その眼は何かを見据えている。どうも真剣に捉えている様子だ。

二人はそのまま、大宇陀の町を散策した。歴史保存地域でもあるために基本的な町並みは変わらないが、ところどころに新しい洒落た店が、古い町並みに溶け込みながらもその存在を主張している。
大宇陀 大宇陀 大宇陀
今、二人がここで過ごしている時間は、今なのだろうか?それともあの時なのだろうか?二人が引き裂かれていた長い時間にも関わらず、二人で過ごすこの時は、そんなことをも考えさせる。あまりにも深く打ち込まれた杭は、朽ちることなく、時の流れに流されずにいたのである。

「ここやで、きみつつみ」 そう言うと、敬一郎は店の引き戸を開けた。
    田中日進堂  田中日進堂2
「こんにちは~」敬一郎はいつものようにゆっくりと店に足を入れた。 

「あっ、いらっっしゃいませ。毎度ありがとうございます」

 店の奥から親娘が頭を深々と下げながら現れた。この店の魅力は、その商品はもちろんのこと、この大和らしい接客にもある。大宇陀を訪れた人々に、奈良の思い出を緩やかに染み込ませるに違いない。奈良独特のイントネーションは、京都には無い飾らない朴訥さをいっそう引き立たせる。敬一郎はそんな大和が好きだ。

「きみつつみ十個と丁稚羊羹ひとついただきます。洋子は?」

「わたしはあ・・・、私も同じだけいただきます」

「はい、ちょっと待ってくださいな」 親娘は手際よく商品を箱に詰め包装しだした。
       田中日進堂4   田中日進堂3
「久しぶりやわあ、懐かしいなあ。うれしい、敬ちゃん、ありがとう」洋子の中にも遡った時が渦巻いていた。

店を入って右手には、周辺の風景写真が置かれてあり、手作りのコースターなどと一緒に販売されている。店全体の雰囲気は、まさに老舗を思わせる重量感がある。人を引き寄せるために店舗を改装したり、観光客に迎合するような造りにするところもあるようだが、ここはそうではない。決して広いとは言えない店舗ではあるが、そこにはこの大宇陀の町の歴史を醸し出すものが詰まっている。奈良の奈良たる郷愁を運ぶ神が、この田中日進堂に鎮座しているのであろう。

この店を初めて訪れたときに、傍らにいたのは洋子であった。その店に、今こうしてまた二人で買い物に来ていることが、不思議でもあり、感動でもあった。しかし、心のどこかに後悔もあった。

「お待たせしました。いつもありがとうございます」
        きみつつみ
「すいません、道中食べたいので、三つだけ別に下さいな」いつものように敬一郎が言った。そういつものように・・・。

敬一郎は、淳子のことを考えていた、最近この店に来るときはいつも淳子が横にいる。淳子もきみつつみが好きである。その淳子に、今日のことを言うことはできない。ましてや、今ではこの店は淳子との思い出が沢山詰まった店となっている。そこに上書きでもしてしまいそうな洋子との回想が覆い被さってきている。それをどうやって払拭すればよいのであろうか。

淳子からのメールが何度も来ていることはわかっているが、ここまで返すこともしていない。実際に返すことが出来ないのは事実である。どんな気持ちで返せばよいのか、重圧感に苦しさを感じた。そこへまた、淳子からのメールが届いた。

「都合いいときに電話ください」 その一文が、敬一郎の決心を促した。


    *田中日進堂 奈良県宇陀市大宇陀区拾生1870*
           TEL 0745-83-0146

愛をこめて花束を Superfly

横顔 24

「洋子・・・」 敬一郎は洋子を抱きとめていた。

いっそう強く降り出した雨音が車内に響きわたる。敬一郎の胸に顔をうずめながら、洋子が何かを言ったようだが、彼はそれを聞き取ることが出来なかった。また、聞き返すこともしなかった。洋子は、そのままじっと動かずにいた。敬一郎は洋子の髪を優しく撫でながら、自動車のフロントガラスを流れ落ちる雨を眺めていた。

最後にここへ二人で来たことを思い出していた。季節はちょうど同じように、木々が色づいていた頃であった。二人を包む空気は、今と同じように穏やかなものであった。
        水鏡

敬一郎が洋子以外の女性との結婚を決めたのは、洋子の父親からの圧力に屈したわけではなかった。若い二人の情熱は、そのような外圧に負けるほど弱くはなく、むしろ障害があればあるほど彼の彼女への想いは深まっていた。問題は、そこにあったのではなかった。敬一郎自身の問題であった。

もし、彼が洋子と一緒になることになれば、彼女の父親の仕事を継ぐことになるかも知れない。しかしそれは、敬一郎にとっては重荷でしかなかった。実際、洋子は自分と結婚すれば、そのことは念頭において置くようにと話していた。いわゆる帝王学なるものの本を無理やりに読ませてもいた。小さな酒屋の息子に生まれ、御用聞きや配達の手伝いをしてはいたが、会社を経営するということと、店を営むということの違いは理解できていた。

また、洋子の取り巻きには優秀な人材も多く、そのような人間たちと渡り合っていける自信もなかった。現に、社員の中には、敬一郎と洋子の付き合いに反対するものも居たために、二人を引き裂こうとする企てもあったようだ。

別れを切り出した、いや、切り出さざるを得なかったのは敬一郎のほうからであった。洋子は、敬一郎が結婚してからも、彼の傍を離れることが出来なかった。洋子にとって敬一郎の結婚は、到底、承服できるものではなかった。別れる理由は「他にすきな女が出来たから」というあまりにも理不尽なものであり、それをまともに受け入れるほど洋子に思慮がないわけではなかった。自分に対する想いの有るや無しやくらいは、長年共に過ごせば感じ取れるものである。

理由はともかく、洋子は敬一郎から離れない決断をした。洋子は、自分が納得できるまでは離れないつもりでいた。しかし、やがて二人を引き離すときがやってきたのである。その最後の場が、正暦寺であった。



どれほどの時が過ぎたのだろうか、雨足はやや弱まりはじめていた。

「敬ちゃん、ごめんね。私泣いてばっかりやわ」 真っ赤な眼をして洋子が敬一郎を見た。

「ううん、ええよ。泣きたいだけ泣いたらええねん。出すもんを出してしもたらええねん」

「うん、ありがとう・・・・、ありがとうね・・・」そう言って、また顔を埋めた。

このまま時間が止まれば、このままずっと二人で居られるのに・・・、若い頃にはよくそんなことを考えていたが、この歳になってそのようなことを口にすることは躊躇いつつも、洋子を抱きしめる腕に力が入る。離したくないという気持ちと、これではいけないという気持ちがピンポンのように交錯していた。

「なあ、洋子、大宇陀行こうか?」 敬一郎が明るい声で言った。

「大宇陀・・・。大宇陀行くの?」 まるで赤ちゃんのように聞いた。

「うん、大宇陀回ろうや。覚えてるやろ、きみつつみ・・・」

「きみつつみ・・・。懐かしいわあ・・・」 涙で崩れた顔を隠しながら呟いた。

「今でも時々、買いに行ってるんやで。食べたいやろ?」 敬一郎は努めて明るく振舞った。

「町並みも変わってないのかなあ。見てみたい・・・」 洋子にうっすらと笑顔が戻った。

ホイットニー・ヒューストン「The Greatest Love of All」
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック