FC2ブログ

もうすぐクリスマス

わたくしめはクリスチャンではございませんゆえ、何らお祝の気分も湧いてはまいりませんが、世間さまでは飾り付けやイルミネーションなどとイベント騒ぎでございます。
旧約聖書
聖書に記された難解なる文言の解釈や歴史に触れますと、我が国のように何も考えずに商業ベースで物事を考える安直さに辟易いたすものでございます。あの都市仮装大会?も平和ボケの現れでございますが、ともかくも、何でもかんでもお金に関わらせることは、世界からすれば笑いの種ともなりましょうねぇ。
スポンサーサイト



初版本

サヨク連中に総叩きされる「百田尚樹」さまのお記しになられました、”日本国紀”の初版本が手元に届いております。
日本国紀
以前にも記しましたが、尖閣諸島を奪おうとする支那との係争につきまして「どうでもいい」などと嘯く、精神構造がおかしいとしかいいようのない、NHKの朝のラジオ番組にも出ております高橋何某などは、読んでおりもせずに只々批判するばかりとお聞きいたしてございますが、それほどにこちらのご本を大和民族が手にすることを恐れているという証左でもございましょう。

なかなかに分厚いご本でございますが、読み応えもございしょうゆえ、わたくしめも楽しみにいたしておるものでございます。

簡易版

20日の記事・問答集に掲載いたしておりますご本の簡易版とも言えるものでございます。
アドラー
NHKテレビ番組のテキストとして出されたもののようでございますが、こちらを先に読んでおきますと、アドラーの心理学のエッセンスを理解しやすいのではないかと思っているところでございます。

ますます夜長になる頃でございます。社長さまにご本をお渡しになられ、その内容をお聞きになられるだけではなく、是非ともご自身で読書に勤しんでいただきとうございます。

問答集

問答形式で有名と申しますと「プラトン」さまでございますが、こちらはそれを彷彿とさせるご本でございます。
アドラー
悩みを抱えた若者が、賢者(哲学者)と議論しながら、自らの生筋を対話の中から見出してゆくという内容でございます。

”嫌われる勇気”がつけられた理由は読みすすめて行く内に解るものでございますが、中身を読まずに表題だけ見れば、社長さまにはご不要なものでございましょうねぇ。とに角、他人さまの嫌がることを平気で言ったり遣ったりいたしますゆえ、これ以上嫌われることを恐れなくなることは、人としてどうか?という問題でございます。

二人の碩学

むしろ二人の”天才”と記すほうが的確であるようにも思うものでございます。
人間の建設
「大人の学校」と題された帯が付けられておりましたが、読みこなすことの難しいご本でございます。

昭和40年にお二人がご対談されたものが記されているものでございますが、そこいらにございます”対談”などとは本質的に違うものでございましょう。こちらに記された内容に「知力が落ちている」というというところがございますが、昭和40年にしてそうお考えのお二人が、ただ今の我が国の現状をご覧になりますれば、”こんな国つぶれてしまえ!”と仰るやも知れません。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック