FC2ブログ

さあて、黴澱にできるかな

支那中国のウイグル弾圧「民族大量虐殺」と認定 米国

 ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は19日、支那中国による新疆ウイグル自治区のウイグル族などのイスラム教徒少数民族に対する弾圧に関し、国際法上の犯罪となる「ジェノサイド(民族大量虐殺)」および「人道に対する罪」であると認定した。

 米国は、ジェノサイドを防止し処罰することを定めた「集団殺害罪の防止および処罰に関する条約(ジェノサイド条約)」の締約国で、バイデン新政権は支那中国に対して何らかの措置をとることを迫られることになる。

 ポンペオ氏は声明で、支那中国共産党の指導・管理下にある中国政府が遅くとも2017年3月以降、自治区で100万人以上を恣意(しい)的に投獄または過酷に拘束し、その大半を拷問にかけ、強制的に不妊手術をさせていると指摘した。

 また、強制労働が横行し、信教の自由や表現の自由、移動の自由が厳格に制限されているとし、第二次大戦後のニュルンベルク国際軍事裁判において「人道に対する罪」で裁かれたナチス・ドイツ高官らが実行したのと同様の犯罪行為が自治区で行われていると非難した。

 ジェノサイドについては「支那中国共産党体制による組織的な取り組みであり、現在も実行されている」との見方を示した。

 ポンペオ氏はその上で、支那中国政府に拘束中のウイグル族ら全員の即時釈放と、強制収容施設の全面閉鎖、自宅軟禁や強制労働、強制的な人口抑制策の全面廃止などを要求。「私たちは決して沈黙しない」とも指摘し、支那中国の非人道的行為を徹底的に追及していく立場を打ち出した。

 バイデン新大統領が国務長官に指名したブリンケン元国務副長官は19日の上院外交委員会での公聴会で、トランプ政権によるジェノサイド認定に「同意する」と述べた。

産経ニュースよりの引用でございます。

米国民はトランプ大統領を選んだにも関わらず、選挙では支那の策略による不正がまかり通り、ホワイトハウスを去ることになったとは言え、まだまだ影響力を持ち続けていただきとうございます。

さて、やっとのことで、支那による大虐殺が世界に認定される時がやってまいります。南京では大虐殺記念館のようなモノまでつくり、歴史を捏造してでも我が国を貶めようとしたことも、実はあの人骨は、毛沢東の文化大革命という名の大虐殺による支那人の骨であることも、いずれはハッキリとする日も訪れましょう。南京に住む人々にとって、あの骨は毛沢東の悪行による骸であることは周知の事実とお聞きしたことがございます。

社長さまがまだ大学にお勤めの頃、南京からの留学生が居り、そのことについて問い詰めたところ、そう白状したとのことでございます。やり口の汚い外道どもでございます。人肉を食すとも聞いたことがございまして、通州でのわが同胞虐殺は、まさにそのことをも彷彿させる惨劇でございました。そのような真実を教えず、ウソ八百の捏造された歴史を教え込むキチガイ狂員こそ、ジェノサイドをも容認しかねないヤカラどもでございますね。
スポンサーサイト



成人の日に

「日常取り戻すため」重症センター志願 家族持つ看護師の決意

 新型コロナウイルスの感染拡大で、厳しい状況が続く医療現場。重症者向け臨時施設として昨年12月から稼働している「大阪コロナ重症センター」(大阪市住吉区)は当初、必要な看護職が不足し、自衛隊にも応援を要請した。募集に応じて中国地方から泊まり込みで勤務する女性(43)が産経新聞の取材に応じ、「幸せな日常を取り戻せるよう、みんなで頑張っている」と力を込めた。(地主明世)

 「東日本大震災のときは何もできなかったので、『次に何かあったら』と決めていた。新型コロナは、災害級の非常事態だと思っています」

 こう話す女性は、センター稼働の約1週間後から勤務。夫と3人の子供を残し、大阪市内でホテル住まいを始めて2週間になる。年末年始は元日だけ家族の元に帰ったが、次の日には大阪に戻った。

 生まれも育ちも中国地方で、地元の学校を卒業し、地元で就職。救命救急センターでICU(集中治療室)を中心に10年以上働いた。夜勤も多い過酷な勤務は子供や夫とすれ違う生活で、3年前にクリニックに転職。だが、子供が新型コロナを不安がったことから昨年3月に退職していた。

看護師不足に志願

 感染が収まらない中、「秋には、心の片隅で『そろそろ働かなければ』と思っていた」。看護職の不足が叫ばれる中、大阪に他県の看護師が応援に入ることを知り、府看護協会に連絡。大阪には縁もゆかりもなかったが、大阪コロナ重症センターでの復職を志願した。3月末まで勤務する予定だ。

 勤務初日。着たこともない防護服の着用方法の研修を受け、センター内を見学。最新機器がそろうセンターでは、以前の勤め先とは違うシステムを使ったカルテの打ち込みや、情報共有に苦戦した。


 患者の大半は高齢者で、人工呼吸器を装着し、意識不明の人も多い。床ずれ防止などのため頻繁な体位変換も必要で、3人がかりで患者を抱え上げることも。回復傾向の患者でも、食事の誤嚥(ごえん)などがあれば急速に悪化するため、常に注意が必要だ。

 二重のマスクが息苦しく、防護服は蒸れるため仕事を終えるころには服が汗でびっしょりで、顔にはフェースシールドやマスクの痕がくっきり残る。同僚には、マスクが当たる鼻周辺に傷ができ、ばんそうこうを貼っている人も。女性も、センターで初の夜勤が終わった後は座り込んでしまい、同僚に「大丈夫?」と気遣われるほど消耗した。
 
「お母さんがコロナの火を小さく」

 センターで働く仲間は「とても手際が良く、優秀な人が集まっている。輝いてみえる」。一方、1年以上も防護服を着て働いている同僚もいることに、コロナ禍での医療現場の厳しさを改めて実感したという。

 それでも頑張ることができるのは、子供たちへの思いだ。学校は一時休校となり、懸命に取り組んできた習い事の発表会や部活動のイベント、修学旅行もすべて中止になり、今も我慢を強いられている子供たち。苦しくても、「お母さんがコロナの火を小さくしてあげるから」と誓ったことを思い起こし、自らを奮い立たせている。

 友達と手をつなぎ、抱き合い、泣いたり笑ったりすること。大勢で食事しながら愚痴を言ったり、褒め合ったりすること-。そうしたこれまでの日常は、「元気に生きていくうえで大切なことで、どんな薬よりもよく効く」と考えている。「もう一度、みんなにそんな日常を取り戻してほしい」と、力を込めた。

            ◇

 大阪府は新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、昨年12月3日に「医療非常事態宣言」を出し、同15日には全30床に人工呼吸器を備える臨時施設「大阪コロナ重症センター」の運用を始めた。その後も府内の重症者数は高止まりし、病床は逼迫(ひっぱく)する状況が続いている。

 府によると、直近7日間の感染者数は12月4日に2631人とピークを迎えた後、徐々に減り、年末に1800人台まで減少した。だが今月に入り、1日あたり600人前後という「想定外の規模」(府幹部)で感染者が急増。直近7日間の感染者数は8日に3千人を突破し、9日は3401人に達した。

 受け入れ病床の限界が見えつつある中、重症者は、感染者数が拡大に転じてから2週間程度遅れて増える傾向にあり、府は警戒を強めている。

 12月13日に重症者は158人に上り、当時確保していた重症病床(206床)の使用率は76・7%まで上昇した。重症センターの稼働により確保病床は30床上積みされたが、重症者は160人前後で推移し、今月9日の使用率は71・2%と高い。重症センターは同日時点で20床を稼働させ、15人を受け入れている。

 吉村洋文知事は政府に緊急事態宣言の発令を要請した9日、600人台の感染者数が続いていることに触れ「助かるべき命が助からない状況になる可能性もある。一刻の猶予も許さない状況だ。非常に強い危機感を持っている」と述べた。

産経WESTよりの引用でございます。

本日は成人の日、この日を迎えられたみなさま、そしてご家族のみなさま、おめでとうございます。

大人になるとはどういうことか、大人として生きるとはどういうことか、そして、与えられた使命や責任を全うする強さとは?、支え会うことの大切さとは?、この記事から学ぶべきことが山ほどもございます。

時勢がら、各自治体は様々な態様での式典を催しているようでございますが、所によっては下らぬ話をする首長や議員も居りましょう。そのような戯言の百倍、心に沁みる記事でございます。

周辺事態を見よ

米駆逐艦が台湾海峡を通過

 【ワシントン=黒瀬悦成】米第7艦隊(神奈川県横須賀市)は、米海軍のミサイル駆逐艦「マスティン」が現地時間19日に台湾海峡を通過したと発表した。通過に際しては国際法を順守したとしている。

 第7艦隊は声明で、同艦の台湾海峡通過について「米国が自由で開かれたインド太平洋(の実現)に取り組んでいくことを示すものだ」と指摘し、「米軍は、国際法で許されたあらゆる場所で飛行し、航行し、作戦行動を実施し続けていく」と強調した。
空母
 米海軍は10月と11月にもミサイル駆逐艦で台湾海峡を通過し、台湾に外交・軍事的圧力を強める中国を牽制(けんせい)する立場を強く打ち出している。

産経ニュースよりの引用でございます。

支那の侵略嗜好はとどまることを知らず、尖閣諸島に関しても自国領が如くの発言をするキチガイ支那外相まで出る始末、またその発言を笑って受け流す我が国の木偶の坊外相・・・、怒りを通り越し情けないという感情がわいて参ります。

世界を知らぬバカドモが率いる我が国をよそに、トランプ大統領率いる米国は、世界とは何か?をちゃんと示してくれているものでございます。折角に安部前総理がつけた道筋を、ガスーならぬカス総理は、踏襲する気もないような振る舞いでございます。

”天下泰平の世”を満喫するかのようなアホウ政治家には、国家というものの本質は理解できないのでございましょう。一日も早い憲法の改正、いえ、もうこうなっては破棄を宣言し、核武装を念頭においた国防論議と国軍の増強をはかるべきでございます。

安全は、タダではないということを胸に刻まなければならないのでございます。

目ぇ疑うわ

志位氏「傲慢不遜で許しがたい」 尖閣めぐる中国外相の主張に

 共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめる中国の王毅国務委員兼外相の発言を厳しく非難し、合わせて茂木敏充外相の対応も批判した。

 王氏は24日の日中外相会談後の共同記者発表で「一部の真相が分かっていない日本漁船が釣魚島(魚釣島の中国名)周辺の敏感な水域に入る事態が発生している。これに対して中国側としてはやむを得ず必要的な反応をしなければならない」などと主張した。

 志位氏はこの発言をめぐり「尖閣諸島周辺の緊張と事態の複雑化の最大の原因は、日本が実効支配している領土に対し、力ずくで現状変更をしようとしている中国側にある。中国側の覇権主義的な行動が一番の問題だ」と指摘。「日本側に責任を転嫁する、驚くべき傲慢不遜な暴言だ。絶対許してはならない暴言だ」と強調した。

 さらに、王氏と並んで共同記者発表した茂木氏について「王氏の発言に何ら反論もしなければ、批判もしない。そういう対応をした」と指摘し、「中国側の不当で一方的な主張だけが残る事態になる。極めてだらしがない」と批判した。

 志位氏の記者会見での王氏批判部分の要旨は次の通り。

 「24日に日中外相会談が行われた。これにかかわって大変見過ごせない事態があったので、コメントしておきたい」

 「会談後の共同記者発表で、中国の王毅外相がこう言った。『ここで一つの事実を紹介したいと思います。この間、一部の真相をよく知らない日本の漁船が絶え間なく、釣魚島の周辺の敏感な水域に入っています。これに対して中国側としてはやむを得ず必要な反応をしなければなりません。これが一つの基本的な状況です』」

「これは非常に重大な発言だと、許しがたい発言だと、暴言だと思う。結局、日本側の責任にしているわけだ。しかし、尖閣諸島周辺の緊張と事態の複雑化の最大の原因がどこにあるかといえば、日本が実効支配している領土、領域に対して力ずくで現状変更しようとしている中国側にある。中国側の覇権主義的な行動が、一番の問題だ

 「にもかかわらず、王毅外相のこの発言は日本側に問題があった。だからやむを得ず中国としてはこういう対応をしているんだと日本側に責任を転嫁する、驚くべき傲慢不遜な暴言だ。絶対許してはならない暴言だ」

 「海上保安庁のデータを見てみると、中国の公船の尖閣諸島の接続海域への入域日数は、今年すでに24日までで304日。昨年1年間の282日を大きく上回っている。さらに中国の公船が日本の漁船を追い回すという非常に危険な事態も起こっている。私たちとしては中国のこのような覇権主義的な行動をただちに中止することを重ねて強く求める」

 「そしてここで重大なのは、茂木氏が共同記者発表の場にいたわけでしょ? それを聞いていながら、王氏のこうした発言に何らの反論もしなければ、批判もしない、そういう対応をした。そうなると、中国側の不当で一方的な主張だけが残る事態になる。これはだらしがない態度だ。極めてだらしがない」

産経ニュースよりの引用でございます。

一瞬、目を疑う見出しに驚くばかりでございます。自民や維新が言っているならばともかく、共産党が・・・。

社長さまに、この内容ををお知らせいたしますと「ほう、ほな明日から、共産党支援しょうか」とのことでございます。

共産党に領土だの何のと言われるようでは、政府与党自民党としても、遺憾砲ばかり打っているわけにはゆかないのではございませんか?ただ、武力の後ろ盾なく、いくら覇権主義的な行動を止めろと訴えたところで、暖簾に腕押しにもなりはいたしません。

何となればこの志位某に、六法全書を楯にして、尖閣周辺で憲法9条砲でも打っていただくといたしましょうか。そうすれば、自分達の言う、”平和主義”なるものがいかに欺瞞に満ち、いかに無意味なものかを思い知ることでございましょうが・・・。

徹底的に叩きつぶせ!

産経抄
産経新聞の人気コラム・産経抄でございます。

お読みくださればお解りいただけますように、日本学術会議などとエラソウに、独立君臨しているが如くに振る舞っておりますが、その実態は、共産党シンパをはじめとするキチガイサヨクの集まりが牛耳る、ただのタカリではございませんか!

こんなヤカラどもに、大切な血税を一滴たりとも渡しとうはございません。断固拒否でございます。菅(すが)総理におかれましては、是非ともこの腐れ外道どもに天誅を下していただきとうございます。


管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック