日本軍万歳!

仏革命記念日パレードで陸自隊員行進 32連隊の7人がリハーサル

 14日に行われるフランス革命記念日の軍事パレードに参加する陸上自衛隊第32普通科連隊(さいたま市)の横山裕之連隊長ら隊員7人が12日、パリ中心部でのリハーサルに参加し、手順などを入念にチェックした。

 隊員は日仏友好160周年を記念して招かれた。本番では、シャンゼリゼ通りからコンコルド広場までの約2・5キロを国旗を掲げ、フランス軍などとともに行進する。

パレード
*お写真は、平成28年度の行進風景でございます*

産経ニュースよりの引用でございます。

キチガイドモが、我が日本軍を憲法違反だのどうのと戯言を吐いておりますが、我が日本軍は、世界から見れば素晴らしい軍として認識されているということでございます。
 がんばれ日本 がんばれ日本 がんばれ日本
    誇り高き我が日本帝國軍 万歳!万歳!万歳!



スポンサーサイト

ご都合主義

極言
御免

産経新聞の人気コーナー・阿比留瑠比の極言御免の引用でございます。

お読みいただく通り、朝日をはじめとするサヨクマスゴミはご都合主義でしかないこと承知いたしておりますが、マスゴミのみならず、サヨク政治集団やサヨク暴力集団などは、そもそも、己が不都合は只管隠し、的を射た正論には大声で威嚇するということを繰り返してまいりました。

それでも、こうやってインターネットが発達いたしましたおかげで、一方通行でございました報道の数多くのウソが露呈いたしておりますことは、喜ばしいことでございます。

歓喜とため息の裏で

北朝鮮、ミサイル製造施設を拡張 南北や米朝首脳会談の時期に 非核意思に改めて疑義

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ミドルベリー国際大学院モントレー校の不拡散研究センターは2日、北朝鮮が北東部咸鏡南道(ハムギョンナムド)の咸興(ハムフン)市にあるミサイル部品製造施設の拡張工事を進めているとする、商業衛星画像に基づく分析結果を発表した。工事の大半は、「朝鮮半島の非核化」がうたわれた4月27日の南北首脳会談と6月12日の米朝首脳会談の間に行われており、同センターは「北朝鮮に核・弾道ミサイル計画を放棄する意思がないことを示すものだ」と警告している。

 同センターによると、問題の施設は、中距離弾道ミサイル「北極星2号」を含む、核弾頭搭載可能な弾道ミサイル向けの固体燃料ロケットエンジンやノズル部分、ロケット本体の胴体や再突入体などの部品を製造している。

 同センターが衛星写真を分析したところ、施設の外装部分の工事が完工しつつあったほか、付近にある2つのミサイル関連施設のうち、固体燃料ロケットの推進剤を製造する施設で新たな入り口通路が設けられていた。もう1つのミサイルの燃焼実験を行う施設では、新たな拡張工事に向けた建物の解体作業が進められているのが確認された。

 トランプ大統領は米朝首脳会談後の記者会見で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「ミサイルのエンジン実験施設の破壊を表明した」と述べたが、具体的な場所は明らかになっておらず、北朝鮮がいずれかの施設の破壊に踏み切った事実も確認されていない。

産経ニュースよりの引用でございます。

サッカーW杯日本チームは、善戦いたしましたが残念な結果でございました。日本チームみなさまのご健闘を讃えるものでございます。スポーツを通しての素晴らしい感動を頂戴いたしたものでございます。

しかしながら、世界がそのサッカーに目を向けている間にも、悪魔は虎視眈々と我が国侵略を目論んでいるやも知れないという事実から目を背けてはならないのでございます。”約束とは破るためにあるもの”が如く、真摯な態度のかけらも見せない悪魔には、いずれ天誅をくださなければならない時がまいりましょう。

平和を望むならば戦いに備えなければならない、それが現実社会というものでございます。漫画や映画を用いた反戦ならぬ反日サヨクプロパガンダなどに、ゆめゆめ心を許してはならないのでございます。

安らかに

「笑点」の桂歌丸さん死去 81歳

 人気テレビ番組「笑点」の5代目司会者で、古典落語の名手として知られる落語家、桂歌丸(かつら・うたまる、本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため死去した。81歳。葬儀は近親者のみで行う。椎名家と落語芸術協会合同のお別れ会は11日午後2時、横浜市港北区菊名2の1の5、妙蓮寺で。喪主は妻、冨士子(ふじこ)さん。

 昭和11年、横浜市生まれ。26年に五代目古今亭今輔に入門。その後、桂米丸門下となり、桂米坊の名を経て、39年に桂歌丸と改めた。43年に真打ちに昇進した。

 新作落語を演じる傍ら、古典作品の発掘に尽力。江戸から明治にかけて活躍した落語中興の祖、三遊亭円朝作の「真景累ヶ淵」「怪談牡丹燈籠」などを口演し、高い評価を得た。

 「笑点」では、昭和41年の番組開始時から「大喜利」のメンバーとして、三遊亭楽太郎(現六代目円楽)さんとの「毒舌合戦」などでお茶の間の笑いを誘った。平成18年には、五代目三遊亭円楽さんの後を受けて5代目の司会者となり、約10年間にわたってテレビで巧みな舞台回しを披露した。

 晩年は、肺炎などで入退院を繰り返しながら高座に上がった。今年4月19日の国立演芸場定席が最後の高座となった。演目は「小間物屋政談」だった。

 平成元年、文化庁芸術祭賞。19年、旭日小綬章。16年からは、落語芸術協会会長を務めた。

産経ニュースよりの引用でございます。

歯に衣着せぬ歯切れ良いコメントをお出しになられ、権力にこびることなく、また弱者におもねることもなく、何が正しいことか?を追究されておられたそのご姿勢に、社長さまも常々「歌丸さんのようなお爺さんになりたい」と仰っておられたものでございます。

あのお姿を、もう録画でしか拝見できないのは悲しいことではございますが、歌丸師匠がお残しになられた沢山のお言葉は、大和民族の宝となりましょう。

歌丸師匠、長い間お疲れさまでございました。ゆっくりと安らかにお眠りくださいませ。


半旗わにまろモノクロ

虚言妄言オンパレード

極言御免

産経新聞の人気コーナー・阿比留瑠比の極言御免の引用でございます。

支那贔屓の政治家が我が国に多く、またそれが与党にあるとなれば大問題でございます。ポッポやゲジゲジ眉毛はともかく、自民党にも身の程知らずが多数生息いたしておりますゆえ、自由民主党という名ばかりに囚われていては、とんでもない目に合わされるやも知れないのでございますよ。

真贋を見分ける目を持たなければならないということでございます。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック