安倍政権で良かった~

【産経抄】
北の危機目前、安保関連法「どうして急ぐ」とかしましかったマスコミは不明を恥じてはどうか 

 もし2年前の9月に、集団的自衛権の限定行使を容認する安全保障関連法が成立していなかったらと考えると、盛夏であるのに寒気立つ。北朝鮮が米領グアム周辺への中距離弾道ミサイル発射計画を公表し、ミサイルの日本上空通過も予告した件である。危機は目の前に迫っている。

 ▼小野寺五典防衛相は10日の国会閉会中審査で、北朝鮮が実際にミサイルを発射した場合、安保関連法に基づき集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」に認定し、自衛隊が迎撃することは可能だとの認識を示した。一部の新聞は「拡大解釈」だとの悠長な懸念を伝えたが、なに相手にすることはない。

 ▼「日本の安全保障にとって、米側の抑止力・打撃力が(攻撃を受けて)欠如することは、日本の存立の危機に当たる可能性がないとはいえない」。こう淡々と述べた小野寺氏の説明は分かりやすかった。グアムは、日本有事の際の米軍来援の拠点なのだから当然である。

 ▼安保関連法案の審議時には、多くのマスコミやテレビコメンテーターらが「なぜ今なのか」「どうして急ぐのか」「議論が足りない」などとかしましかったが、当時もそれ以前も北朝鮮は着々と核・ミサイル開発を進めていた。少しは自分たちの不明を恥じてはどうか。

 ▼「座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨だとは考えられない」。鳩山一郎首相(当時)は昭和31年、敵基地攻撃能力の保有は合憲だとの政府統一見解を出し、歴代内閣も踏襲している。安倍晋三首相は6日、「現時点で具体的な検討を行う予定はない」と述べたが、ここは「君子は豹変(ひょうへん)す」でいくことを勧めたい。

 ▼安全保障の要諦は、実は誰でも知っている。「備えあれば憂いなし」。この一言で足りるのである。

産経新聞の人気コラム・産経抄の引用でございます。

閉会中の国会審査での民進党をはじめ、もうどうでもよい腐れ野党の質問に、心ある大和民族は「やっぱりコイツらには任せられん」とお感じになられたことでございましょう。

WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)下における押し付けされた憲法を一言一句変えることもなく、しかも、その前文など無味なる文言の羅列に敬意すら持つ、キチガイノサタとしか思えぬようなサヨク連中の身勝手な屁理屈には、断固として闘いを挑むものでございます。

人命を護ることが政府の役割でございますゆえ、朝日やNHKなどのいかなる反対があろうとも、今こうして安倍政権がわが国に存立していることを心から感謝しなければなりません。

”安倍やめろ!”などとコールを上げていた外道どもは、北や支那の手下とみなすべきであって、そのような連中に「負けるわけにはいかない」と仰いました安倍総理は、これぞわが国のリーダーに相応しい方であるということが、おいおい判明してまいりましょうう。

いずれ法には、有田某や香山某などのような気持ちの悪いキノフレタコメントを吐く奴らは、この庇護下から除外されるという文言が付け足されなくてはなりませんね。
スポンサーサイト

出来るかな、出来るかな、ハテハテほほ~

【産経抄】

河野太郎外相は、韓国の二重基準を説明し「日本海」という国際呼称を守ってもらいたい

 4日付の小紙朝刊は、日本海の国際呼称について、韓国が求める「東海」への表記変更が増加している問題を報じていた。外務省の調査によると、日本海の単独呼称を支持する国は約58%にとどまったという。慰安婦問題でも徴用工問題でも、韓国のなりふり構わぬ宣伝攻勢に、有効な対抗策を打てない日本外交の現状を憂う。

 ▼そもそも日本海は、朝鮮半島から見れば東に位置するものの、日本列島を基準にすれば西にある。東海という呼称は、そんな相対的な位置関係を表すにすぎない。にもかかわらず、必死に世界各国に東海表記を強いようとするのはなぜか。

 ▼韓国の西側、中国大陸との間に位置する「黄海」は、韓国では「西海」と呼ばれている。ところが、韓国は国際社会に西海表記を訴えることはしていない。「韓国はことほどさように事大主義の国なんです」。外務事務次官経験者から聞いた言葉である。

 ▼事大主義とは、一般的には定見を持たず、支配的勢力に付き従って自己保身を図る姿勢を指すが、李氏朝鮮時代からの伝統的な韓国の対中政策でもある。朴正煕元大統領は「民族の悪い遺産」として、事大主義を批判したとされる。

 ▼確かに韓国は、日本の朝鮮半島統治に関してはあることないこと責め立てるのに、その後の朝鮮戦争に参戦して半島を蹂躙(じゅうりん)した中国は非難しない。日本から見ればこうした態度は理不尽であり、差別の一種だとすら受け取れる。

 ▼河野太郎新外相には、国際社会で韓国の二重基準を説明し、欧米で19世紀初頭には確立していた日本海という国際呼称を守ってもらいたい。近隣諸国との友好と迎合を履き違えたような外交を繰り広げた父、河野洋平元外相と自分は違うのだというところを見せてほしい。
日本海

産経新聞のコラム・産経抄の引用でございます。

ただ一言、河野新外相に申しあげたいことがございます。

親父の垂れたクソの後始末、お前がちゃんとやれ!

天気大荒れ???

本日は午後より雷雨などに注意とのことで、社長さまは午前中にできうる限りの外出用を済ませられたのではございますが・・・
西の空
結局のところ、一滴の雨粒も落ちてはこなかったのでございます。山沿いでは夕立くらいはあるのでございましょうが、陽もさす暑い一日でございました。サッとした冷たい一雨でも降れば、夜も寝やすいのでございますのに。

社長さまのご自宅では、地面にコンクリートを流す作業がございましたゆえ、雨がなかったことは、それはそれとして幸運ではございました。お家で電気を作る何やらを、お取り付けになられるそうでございます。

今一度 老台北

【産経抄】
靖国参拝欠かさず、司馬さんに挙手の礼…「愛日家」からのメッセージ 

 司馬遼太郎さんは、『台湾紀行』の取材の案内役として当初大学院生を考えていた。ところが、紹介されたのは実業家として成功する蔡焜燦(さいこんさん)さんである。「えらすぎる」。そんな司馬さんの戸惑いを見透かしたように、蔡さんは初対面で驚きの行動に出た。

 ▼挙手の礼をもっての挨拶である。日本統治時代の台湾に生まれた蔡さんは戦時中、志願して陸軍少年飛行兵となる。陸軍航空整備学校で世話になった教官が、当時陸軍少尉だった司馬さんの同期にあたるという。司馬さんは“上官”として答礼せざるを得ない。敬礼、答礼は2人だけの挨拶として続いた。

 ▼戦後台湾に帰った蔡さんの経歴はめまぐるしい。小学校の体育の教師、発電ランプの販売、うなぎやえびの日本への輸出、そして電子会社の経営である。「愛日家」を自任する蔡さんは、「『大和魂』で艱難(かんなん)辛苦を乗り越えてきた」結果と振り返る。その蔡さんの訃報が届いた。90歳だった。

 ▼『台湾紀行』は、日本と台湾の両方でベストセラーとなる。「老台北(ラオタイペイ)」の愛称で登場する蔡さんは、すっかり有名人となった。『紀行』をきっかけにして、李登輝元総統との交友も深まり、公式の席で日本語で会話する姿も見られた。

 ▼蔡さんは、台湾を訪れる日本人の若者をしばしば食事に招いた。歴史から和歌などの文芸、剣道に至るまで、日本文化の博覧強記ぶりを見せつけたあと、こう諭すのが常だった。「食事の礼として、君は祖国を愛しなさい」。

 ▼もっとも、日本への苦言も忘れない。来日のたびに靖国神社参拝を欠かさない蔡さんにとって、自国をさげすむ歪曲(わいきょく)した歴史観は看過できなかった。その思いの丈をぶちまけた著書『台湾人と日本精神』は、ロングセラーを続けている。

産経新聞の人気コラム・産経抄の引用でございます。
 わにまろライト   老台北
今、大和民族が呼び起こさなければならない大切な精神、大和魂を体現されておられた「蔡焜燦」さまのご意思を、次世代につなげてゆきたいと考えている、わたくしめでございます。

さらば老台北

「老台北」蔡焜燦氏が死去 李登輝氏と親交、「日本語世代」の代表的存在

  【台北=田中靖人】司馬遼太郎の「街道をゆく 台湾紀行」に「老台北」として登場し「愛日家」で知られた蔡焜燦氏が17日早朝、台北市内の自宅で死去した。90歳だった。

 蔡氏は日本統治時代の1927(昭和2)年、台湾中部・台中市で生まれた。地元の商業学校を卒業後、志願して少年航空兵となり岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に入隊、日本で終戦を迎えた。帰台後は体育教師などを経て電子機器会社社長を務めるなどした。

 李登輝元総統と親交が深く、「日本語世代」の代表的存在として日台交流に尽力。自ら親日家を超えた「愛日家」を名乗った。2000(平成12)年に日本で著書「台湾人と日本精神」を出版。日本の台湾統治を肯定的に評価し、「日本人よ胸を張りなさい」と訴えた。
日本精神
 08(同20)年から短歌同好会「台湾歌壇」の代表を務め、台湾での日本の理解促進に貢献したとして14(同26)年春の叙勲で旭日双光章を受賞した。台湾歌壇は今年で創立50年を迎え、今年度の外務大臣表彰を受けた。

産経ニュースよりの引用でございます。

大東亜戦争や日台関係についての正しい歴史認識をお持ちでございました方のご逝去は、誠に惜しく悔しいものでございます。

たとえ小国たりとも、大国に勝るとも劣らぬ大和民族の崇高なる精神を褒め称えてくださいました。その精神性を、次代に引き継いでいかなければならないことを力説されておられたのでございます。

”老台北”こと「蔡焜燦」さまのご冥福を、心よりお祈りいたします。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック