FC2ブログ

どれほどの歳月がながれたことか

際立つトランプ氏の「共感」 拉致被害者家族に手紙

 拉致被害者家族を直筆の手紙で激励したことが明らかになったトランプ米大統領。米国の歴代大統領も、長年苦しんできた家族に同情を寄せてきたが、共感を行動で示すトランプ氏の姿勢は際だっている。

 「拉致問題は私の頭の中に常にある」。東京・元赤坂の迎賓館で先月27日、平成29年11月以来2度目となる家族との面会を果たしたトランプ氏は、局面打開への思いをこう伝えた。「きっと会える」「絶対に立ち止まってはならない」とも励ました。今回、手紙を受け取った有本恵子さん(59)=同(23)=の父、明弘さん(90)は面会後の会見で「(面会は)成功やった」と簡潔に手応えを示していた。
はがき
 家族は18年と26年、現職大統領だったジョージ・W・ブッシュ氏、オバマ氏と面会。両氏は「国の指導者が拉致を奨励するのは心がない」(ブッシュ氏)、「政治家ではなく娘2人を持つ親の立場として許せない」(オバマ氏)などと述べ、北朝鮮を非難。ただ、米朝交渉の主眼はあくまで非核化だった。

 一方、トランプ氏は昨年以降、米朝首脳会談を2度実施。いずれも拉致問題を提起した。特に今年2月には拉致問題が「顕著な進展を見せていない」と金正恩朝鮮労働党委員長に迫るなど、一貫して解決への協力姿勢を示している。

産経ニュースよりの引用でございます。

社長さまは、元衆議院議員「西村眞悟」さまの政策集団・西村塾副幹事長の任にあられました折より、拉致被害者ご家族の「有本明弘」さまとの年賀状のやり取りをされてこられたのでございます。

今年こそ、今年こそとの願いも叶わず、一体どれほどの時間が過ぎ去ったことでございましょう。元議員の中には、”拉致被害者は帰ってこない、もう解決済みであって、国交正常化が先決”とばかりの論を張るキチガイイシイ某なども居るのでございます。

それに比していかがでございましょうか!トランプ米国大統領のご立派なこと!このような所以で、社長さまはトランプ大統領がお好きなのでございますよ。近世稀に見る素晴らしい大統領でございます。

安倍総理への仕打ちと同じく、マスゴミはあら探しに夢中でございましょうが、賢明な人々は真実を見抜いているものでございます。腐れマスゴミの悪行も、ネット社会では通用しないことがあるということでございます。嘘つき大新聞よりも、ずっとずっと信用性の高い情報も多々ございます。
スポンサーサイト



そうは思わんが

首相、拉致問題解決へ「私の考え伝わると確信」米朝首脳会談で

 安倍晋三首相は28日午前の衆院予算委員会で、ベトナム・ハノイで開かれている2回目の米朝首脳会談について、トランプ米大統領に拉致問題解決への協力を求めたことを踏まえ「トランプ氏から間違いなく、(北朝鮮の)金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に私の考え方は伝わるものと確信している」と語った。

 首相は米朝首脳会談に関し、拉致問題の解決に向けても「日本にとって極めて重要だ」と強調。さらに「北朝鮮の核やミサイルは日本にとって大きな脅威だ。核なく世界に向け、首脳会談で成果が出ることを期待している」と述べた。国民民主党の原口一博国対委員長の質問に答えた。

産経ニュースよりの引用でございます。

保守と名乗る議員の多くは、声高に拉致事件解決を叫びはいたしますが、本音はどこにあるのやら?疑わしい限りでございます。わたくしめはこの問題に関しまして、安倍政権に期待はいたしておらないものでございます。

自らの口で激高しながら金豚に伝えるくらいの気概と、本当に一戦交えることも厭わないという実行力が伴なわぬ限り、この事件は決して解決を見ることはないのでございます。北も南も、ウソで固めてきた便所同然の腐れ場でございます。普通に話が通じるなど、夢のまた夢でございます。

腐れ野党め、足を引っ張るな!

  極言
  御免
産経ニュースよりの引用でございます。

そもそも、立憲民主党などという名前だけは立派なサヨク集団は、国家の破滅を党是としているようなものでございまして、むしろ北鮮に与することを仕出かすのが奴らの仕事でもございましょう。

現下の緊張した国際情勢にあれば何よりも急務の「憲法改正」、それも安倍政権下でこそ実現可能な重大事を阻止せんがための戦略に過ぎないモリカケの再燃や給料泥棒の大連休は、まさに我が国を滅亡に向かわせるための悪行としか考えられないものでございます。

冷静に考えれば、まず何を基準に国家運営すべきかなど理解できて当然でございますが、朝日シンパのお花畑オオバカ連中には、呆れるばかりでございます。アホウはどこまで行ってもアホウでございます・・・。

そんな言葉は聞き飽きた!

【北朝鮮拉致】
「拉致解決、私が司令塔」安倍首相、国民大集会で決意

 北朝鮮による拉致被害者家族会や、拉致問題解決に取り組む「救う会」などが23日、東京都千代田区で国民大集会を開いた。安倍晋三首相はあいさつで「拉致問題はわが国が主体的に解決しなければならない。私が司令塔となり、北朝鮮に早期解決の決断を迫って参りたい」と決意を語った。

 集会に先立ち家族と懇談した安倍首相は13歳だった横田めぐみさん(52)らが拉致されて40年、家族会結成からも20年が経過したことを挙げ「多くの被害者がいまだ北朝鮮に残されている。痛恨の極みだ」と強調。家族会が2月、新たな運動方針で今年中の全被害者の救出を求めたことについて触れ「ご家族も高齢となり一刻の猶予も許されない。拉致被害者とご家族が抱き合う日まで私の使命は終わらない」と語った。

 一方、核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対して米国が圧力を強め、朝鮮半島の緊張感が高まる中で「トランプ政権には拉致問題も極めて重要で、必ず解決しなければならないと伝えた。諸外国や米国と連携しながら、問題にあたっていきたい」と述べた。

 家族会代表で田口八重子さん(61)=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(78)は、政府をはじめ、国民全員の団結を訴えた上で「北朝鮮で待つ被害者、私たち家族は『毎日が節目』という思いだ。北朝鮮を取り巻く情勢は混沌(こんとん)としているが、どんな状況下でも、被害者の帰国を焦点に皆さんと闘って参りたい」と呼びかけた。
 わにまろモノクロわにまろモノクロわにまろモノクロ

産経ニュースよりの引用でございます。

もう、何度も何度も政府から聞かされたレトリックには、わたくしめは飽き飽きいたしております。このようなお題目を何度唱えたところで、何も解決はしないのでございます。

米国はシリアに攻撃をいたしましたが、閉塞状況の打開には後ろ盾としての軍事力が必要である、ということを再認識させられる事態でございます。

暴力団・北鮮に対しては、美辞麗句では何も変わらないということを思い知らされております。間もなく、その閉塞状況にも動きがございましょう。

カール・ビンソン
*お写真は産経ニュースより拝借いたしました*

異論は無いが

不特定多数に対してなされた落書きごときに、”重大な人権侵害”などと、このようなモノを公金を使ってあちらこちらの厠に貼り付けることが、果たしてそれほどに大切なことなのでございましょうか?
啓発
差別を許さないということは、特に、社長さまにおかれましては常に職業差別という命題と闘っておられますゆえ、何らご異論はお持ちではないと存じますが、公金を使ってやらなければならない”真の人権侵害”に対する行政の行動は、わが国の領土に不法に侵入し、我が同胞を拉致した北鮮に憤りを感じることが基礎になくてはならないのでございませんか!

奈良県下のあちらこちらの厠に入るたびに、違った意味で苛立ちを感じてしまうものでございます。

拉致は許さない!

「第11回 北朝鮮に拉致されたままの被害者を救う会奈良大会」
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック