FC2ブログ

半沢直樹 comes back パート9

件の会合が、何故あのようなことになったのか?M会長の、販売組合参加に関する問題自体が、即刻、会長辞任の理由になるのか?そして、N氏に対する不遜な態度の所以はどこにあるのか?など、社長さまは当日の参加者に質したいことが幾つもお有りでございました。

どう考えても不可解なのは、N氏に対する飛び火でございます。先にも記しましたが、N氏は松原地区会のため、ご自身の貴重なお時間を割いてまで尽くしておられたのでございます。その方に対して、役員会に参加している身分や権限を問うことは、異様でしかございません。

一つ申せますことは、N氏はお勤めされていた会社を退社されることとなり、独立なさるご予定でございました。そのお勤め先の社長さまの名代として、役員会に参加されていたのでございます。独立されることは前年に役員会でも周知され、会社設立まではこれまで同様に役員会に参加されることを承認されていたものでございます。

よって、権限が無いだの身分がどうだのと聞くこと自体、馬鹿げて(というか、マヌケそのモノ)いるのでございます。N氏ご自身、色々と言い分はあったようでございますが、ここで反論しても火に油を注ぐだけとお考えになり、ご退出されたとのことでございます。

もっとも憎むべきは、の子息、裏切り者x’の告げ口による、M会長とN氏に対する重鎮どもの態度でございます。詰まるところ、N氏会長の就任が気に食わないということ、それを秘密裏に推進していたM会長や社長さまのことが目障りとなり、反目分子を排除することが目的であるがための、人として最低な所業に出たということでございます。それまでのN氏の貢献などに対する敬意の欠片も感じられないものでございます。鬼畜とは、こういうヤカラのことを指すのでございますね。

このようなことが起こったにも関わらず、当日の出席者は何らの執り成しもせず、ただ事態を傍観していただけであったことも、社長さまがお怒りになられた要因の一つでございます。それゆえ、当日の参加者各位にも、それぞれの言い分もございましょうゆえ、社長さまは参加者全員の招集を熱望されたのでございます。何故、何も言わなかったのか?それとも言えない理由があったのか?ハッキリとさせるべき問題とお考えになられたのでございます。

しかしながら、松原地区会から送付された書面には、会長代行者I氏を新会長とする新しい役員人事が羅列されており、それを承認せよとの文言があったのでございます。社長さまは、あまりの衝撃にお言葉も出なかったとのことでございます。お怒りのお気持ちも消え失せ、呆れ果てられたのでございます。

これはまさしく、社長さまに対する破門を示すものでございます。社長さまの熱い思いは、この書面により一気に消失したのでございます。の大ウソを糾す機会も、この一枚の紙切れにより失われてしまったのでございます。何が何でも、嘘つきの妄言を撤回させようとするチャンスすら、与えられることは無くなったのでございます。

「こいつら、もうアカンわ・・・。こんな奴等とは一緒にやってられん」

社長さまはその書面に、”当社は松原地区会とは無関係であり、これに対して何らの権利を持ち合わせていない”旨のお言葉を記され、ご投函されたのでございます。アサダ自動車は、松原地区会を脱会することになったのでございます。

自動車整備工場にとりまして、整備振興会の地区会に属していることは、様々なことに関して有用なことでございます。それ故、松原地区会を追い出されることは、業務上、何かと不利なことも発生いたします。そんなことも全てご理解された上での、脱会の決意をされたのでございます。松の廊下で、抜いてはならない刀を抜いてしまわれたのでございます。

to be continued
スポンサーサイト



半沢直樹 comes back パート8

ここまでお読みいただいたことで、疑問をお持ちの方もいらっしゃることでございましょう。何故に、社長さまが、この会合にご出席でなかったのか?ということでございます。そもそも、この場に社長さまがいらっしゃれば、これまでの紛糾はなかった(というか、もっと大変なことになっていた)かと存じます。

その理由は、この会合は役員会でございまして、役員でない社長さまには出席する資格がないということでございます。役員でない社長さまが、M会長やN氏と共に地区会改革を”企んで”おられたのでございます。

N氏会長就任の際には、当然に幹部役員として、会長を補佐し改革を推進されるおつもりでございました。全国の地区会にありがちな、役員会飲み食い優先の資金流用を診断機器購入セミナー開催に振り向け、八尾柏原に負けない強い松原地区会に仕立て上げるために、出来うることは全てやるとのご覚悟でございました。再度記しますが、TOPPA-αは、その証として、会員全てに提供するための松原オリジナル整備商品となるはずのものでございました。

社長さまのお立場はまるで、あの腐れ石破某のようでございますが、社長さまと腐れ石破の大きな違いは、社長さまは地区会を良くしようとお考えの上での行動であり、石破某においては、折角に上手く運んでいる安倍前政権の改革を邪魔し、立民のようなサヨク夜盗どもが喜ぶような、我が国を支那や韓半島にくれてやるが如きの悪行三昧を目論んでおりますゆえ、その点、全く違ったものでございます。

会長代行者I氏も、役員として紛糾の場に居たのでございますが、何ら口を挟むことの”出来ない”方のようでございます。重鎮を慮ったのか?あるいは、無節操な日和見主義なのか?は判りませんが、ともかくも、社長さまからの訴えに対し「諮ってみます」とお応えされたようでございます。

無為に日々は過ぎ去り、社長さまは幾度となく、会長代行者に連絡を取られていたようでございますが、その返答は「あっ、今順次話を進めています」とのことでございます。

どないなってまんねん!いつまで待たしまんねん」とお声を荒げられていたことを、わたくしめも記憶いたしております。

そして数日後、松原地区会より一通の封筒が社長さま宛てに届いたのでございます。「おおっ、いよいよ召集か」と心弾ませ開封なさいましたが、そこに記されていたことは目を疑うものであったのでございます。

「こいつら、もうアカンわ・・・」

to be continued

今週も終わり

世間さまでは四連休の始まる本日、今週の実働最終日でございます。現場は明日から三連休でございます。
夕空
社長さまはショウルームオープンでございますゆえ、明日はお仕事をなさいます。敬老の日に秋分の日は祝祭日でございまして、お休みとのことでございます。連休明けはまた、来月の四日まで通しでご出勤でございますゆえ、少しばかりお休みも必要なお歳でございますよ、社長さま。

最近増えてきた猫

飼われているのか?野良猫?なのかはよくわかりませんが、ご近所で見かけることが多くなっております。
ねこ
この猫も、あまりに近づきますと逃げてしまいますが、比較的に警戒心は薄い様でございます。

今日も蒸し暑かった

気温は真夏とまでは上昇せずとも、非常に蒸し暑く、不快な一日でございます。夕刻になり、ほんの少し雨が降ったことで急に涼しい風がふきだし、彼岸の頃を思わせるものでございます。
室生
さて、社長さまは今夜、サンヒル柏原におきまして開かれますセミナーにご参加のため、お出かけでございます。お帰りは遅くなるのでございましょか。
管理人

わにまろ

わにまろ
”わにまろチャリティグッズ”のご購入ご協力をお願い申し上げます。売上金は全額「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送られます。是非ご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

また、チームわにまろ基金では、資金的にご協力いただけるサポータさまからの募金をお願いいたしております。みなさまの温かいお心添えをお待ちいたしております。*「ゆうちょ」からご送金の場合 番号 14160 39441591 *他の金融機関からご送金の場合 店名 四一八(よんいちはち) 店番418 普通預金口座番号 3944159

口座名義はいずれも「チームわにまろありがと基金」でございます。

みなさまから頂戴いたしましたお金は、わにまろクリップの売上金全額とともに「あしなが育英会」さまを通じまして東日本大震災の被災児童・生徒に送らせていただきます。よろしくお願い申し上げます。拝

RSS
QRコード
QR
お客様累計
フリーエリア
目の見えない方・見えにくい方のための総合福祉施設「社会福祉法人日本ライトハウス」
最新記事
最新コメント
分類
月別アーカイブ
リンク
検索
最新トラックバック